えむと、メモランダム

読み散らした本と出来事あれこれ

『新版 動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』を読みました

新版 動的平衡: 生命はなぜそこに宿るのか (小学館新書)

今年57冊目の読了は、『新版 動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』(福岡伸一/小学館新書 初版2017年6月5日)です。書店で目にして手に取りました。本書は、2009年に刊行された『動的平衡』を加筆して、新書化したものです。

本書は、脳のしくみ、食べることの意味、ダイエット、安全な食品、病原体との戦いといった身近なテーマから生命科学をわかりやすく説き起こしたものです。自分にはちょっと難しい話もありましたが、興味深く読むことができました。単行本が12万部を超えるベストセラーになった理由がよくわかります。
また、科学的な内容でありながら、著者独特な表現に出会うことも本書の魅力です。「私たちの身体は分子的な実体としては、数か月前の自分とはまったく別物になっている。分子は環境からやってきて、いっとき、淀みとしての私たちを作り出し、次の瞬間にはまた環境へと解き放たれていく。」といったフレーズは、哲学書のような趣があります。

それにしても、動物や植物が生きていくためのしくみは不思議なほどよくできています。想像できないほどの時間をかけて進化してきた結果なのでしょうが、神秘的で、自然の摂理のようなものがあると思わざるを得ません。それほど深遠なものに、経済的利益の追求といった目的だけで、逆らったり手を加えたりしたら、あとで強烈なしっぺ返しを食らいそうです。

読後感(よかった)

『久保田純米大吟醸』の口開けをしました

f:id:emuto:20170717203232j:plain

6月に買っておいた『久保田純米大吟醸』の口開けをしました。久保田は新潟の名酒ですが、これは新商品で6月と10月の限定発売だそうです。いつものように東小金井の佐藤商店で買い求めました。

淡麗辛口が売りのこれまでの久保田とは少し違って、このお酒は大吟醸ならではの華やかな香りがあります。のど越しもよく、気をつけていないとどんどん飲んでしまいそうです。

今日のように暑いとビールが欲しくなりますが、冷酒もまた格別です。

『小倉昌男 祈りと経営 ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの』を読みました

小倉昌男 祈りと経営?ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの?

今年56冊目の読了は、『小倉昌男 祈りと経営 ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの』(森 健/小学館 初版2016年1月30日)です。5月に読んだ『「考える人」は本を読む』(河野通和)で紹介されていて、ぜひ読んでみたいと思い手に取りました。本書は第22回小学館ノンフィクション大賞受賞作品。賞の歴史上初めて選考委員全員が満点をつけたそうです。

本書については、すでに多くの書評などで取り上げられていて、今さら何か言うべきこともないかもしれません。
経営者として、また人間的にも評価が高い小倉昌男氏ですが、著者は、小倉氏について自身どうしてもわからないこと-「退任後、なぜ私財を投じて福祉の世界へ入ったのか」、「外部から見た印象と小倉氏自身の自己イメージの違いはなぜか」、「なぜ、アメリカで最期を迎えたのか」-を明らかにするため、小倉氏の関係者や家族へ取材を進めていきます。
すると次第に新しい事実がわかってきて、やり手の事業家の姿からは想像できない、私生活で苦悩する小倉氏が現れてくるというストーリーですが、その展開はサスペンスのような面白さがあります。また、普通なら他人に知られたくないようなことを、小倉氏の長男だけでなく、この物語のキーパーソンである長女が包み隠さず話していて、読んでいて驚きを禁じ得ませんでした。

本書を読んでいるときに、5月に読んだ『歌に私は泣くだろう』の著者永田和弘氏のことが思い浮かんできました。永田氏の妻、河本裕子氏はガンの宣告を受けたあと、薬のせいで精神に変調をきたして、家族はその言動に苦しめられることになるのですが、永田氏自身も心が不安定となり、自ら死ぬことを考えるようになるほど追いつめられてしまいます。
恐らく、小倉氏も妻と長女の関係や長女の言動に心を痛め、何とかしなくてはという気持ちでいっぱいだったでしょう。しかし本書から浮かび上がるのは、自分の動揺する感情を押しこめ、我慢しながらも家族を温かく見つめる物静かな小倉氏の姿であり、そこに小倉氏の人間としての奥深さのようなものを感じます。

小倉氏の人生を言い表すものとして《冬草や黙々たりし父の愛》という俳句が本書で紹介されていますが、小倉氏は、家族だけでなく誰に対しても父のように静かに尽くしたしそうです。小倉氏のような域にはとても達することはできませんが、それでも、自分のことだけを考えるのではなく、周囲の人の心情に少しでも寄り添っていくことができればと思います。

読後感(とてもよかった)

30年以上会っていなかった友人とばったり再会しました

先日、30年以上会っていなかった学生時代の友人と、思わぬところでばったり再会しました。

病院の待合室で何となく診察を待っているときに、その友人から声をかけられたのですが、長い間会っておらず、もう会うこともないだろうと思いこんでいたので、名前を名乗られても、一瞬何が起きたのか理解できず、まして、3か月に一度しか行かない病院で出会うなんて夢にも思っていないので、本当に驚きました。
びっくりすると体が固まるといいますが、まさにその通り、頭も真っ白になって椅子から立ち上がることもできませんでした。

偶然に偶然が重なったのか、あるいは神様のいたずらか、別々に歩いていた2本の道が突然交差したわけですが、何か不思議なものを感じないわけにはいきません。せっかくつながったものを切ってしまうと罰があたりそうなので、糸のように細くてもいいので、縁を大切にしたいと思っています。

『限界国家 人口減少で日本が迫られる最終選択』を読みました

限界国家 人口減少で日本が迫られる最終選択 (朝日新書)

今年55冊目の読了は、『限界国家 人口減少で日本が迫られる最終選択』(毛受敏浩/朝日新書 初版2017年6月30日)です。

本書も、この前に読んだ『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』と同じく、日本の人口減少をテーマとしていますが、『未来の年表』とは異なり、外国人定住政策の専門家でもある著者は、日本の「限界国家」化を避けるために、しっかりとした移民政策を確立したうえで、移民の受け入れを本格化すべきだとしています。

本書によれば、日本に定住している外国人は2016年末現在で238万人、総人口の1.9%ほどで、欧米に比べると極端に小さい数字だそうです。移民に頼らなくても、何とかできたからだと思いますが、外国人に対する日本人独特の感情があることも、定住外国人が少ない理由のひとつでしょう。まして、「移民」という言葉に対しては、ネガティブなイメージを持つ人が多く、議論そのものがタブーであるかのような節があります。

移民受け入れの反対意見としては、「犯罪が増える」「日本人の労働力を活用すべき」「日本人の職が奪われる」「社会保障費が増える」「人口減でも豊かな国は可能」「生産性が上昇すれば大丈夫」といったことがあげられるそうです。著者はこれに対し、様々なデータや実例などをもとに、その意見が当たらないことを示し、また、移民受け入れに成功した国と失敗した国を紹介し、日本の移民政策においてとるべき方向性を提案しています。著者の主張が本当に妥当なものなのか判断はつきませんが、しっかりした裏付けのもとに考えが述べられていて、かなり説得力があります。

著者は、「人口減少と高齢化よって、われわれの日々の生活で当たり前のこととして受け止めてきた快適性や利便性、安全性が少しずつゆらぎ始めている。」と言います。今はまだ小さなゆらぎで、気づく人は少ないのかもしれません。しかし、大きなゆらぎがやってくるのは間違いありません。その時になって悔やむことがないよう、「移民」をタブー視することなく受け入れについて今こそ議論すべきではないか、また、それは私たち大人の責任ではないか、本書を読んで強く思いました。

読後感(よかった)