えむと、メモランダム

読み散らした本と出来事あれこれ

『N響 水曜夜のクラシック』に行ってきました

f:id:emuto:20170618083535j:plain

NHKホールであった『N響 水曜夜のクラシック』を聴きに行きました。
指揮はトン・コープマン、演目はすべてモーツァルトで、『歌劇「魔笛」序曲』、『フルートとハープのための協奏曲』、『交響曲第41番「ジュピター」』の3曲。
『フルートとハープのための協奏曲』は今回初めて聴きました。フルートはカール・ハインツ・シュッツ、ハープはシャルロッテ・バルツェライト。フルートとハープというのは珍しい取り合わせですが、曲はいかにもモーツァルトといった感じでした。ハープの繊細な音色がしっかり客席まで響いてきて、ちょっと驚きました。

客席は9割近く埋まっていて、さすがN響です。ただ、今日の曲を聴くにはNHKホールは大きすぎるかもしれません。

アンコールは『アイネクライネナハトムジーク』。N響の安定感ある演奏で、モーツァルトを堪能した水曜の夜でした。