えむと、メモランダム

読み散らした本と出来事あれこれ

30年以上会っていなかった友人とばったり再会しました

先日、30年以上会っていなかった学生時代の友人と、思わぬところでばったり再会しました。

病院の待合室で何となく診察を待っているときに、その友人から声をかけられたのですが、長い間会っておらず、もう会うこともないだろうと思いこんでいたので、名前を名乗られても、一瞬何が起きたのか理解できず、まして、3か月に一度しか行かない病院で出会うなんて夢にも思っていないので、本当に驚きました。
びっくりすると体が固まるといいますが、まさにその通り、頭も真っ白になって椅子から立ち上がることもできませんでした。

偶然に偶然が重なったのか、あるいは神様のいたずらか、別々に歩いていた2本の道が突然交差したわけですが、何か不思議なものを感じないわけにはいきません。せっかくつながったものを切ってしまうと罰があたりそうなので、糸のように細くてもいいので、縁を大切にしたいと思っています。