えむと、メモランダム

読み散らした本と出来事あれこれ

『ペリリュー-楽園のゲルニカ-』を読みました。

ペリリュー ─楽園のゲルニカ─ 1 (ヤングアニマルコミックス)

ペリリュー ─楽園のゲルニカ─ 2 (ヤングアニマルコミックス)

ペリリュー ─楽園のゲルニカ─ 3 (ヤングアニマルコミックス)

今年66冊目、67冊目、68冊目の読了は、『ペリリュー-楽園のゲルニカ-①、②、③巻』(武田一義/白泉社 初版①2016年8月5日②2017年2月5日③2017年8月5日)です。NHKのニュース番組『おはよう日本』でこの作品のことを知り、すぐに手に取って3巻を読み通しました。

作品は今も『ヤングアニマル』(白泉社)に連載中の戦争漫画で、太平洋戦争のさなか1万人以上の日本兵が犠牲になったペリリューの戦いを、一兵卒の主人公を通して描いたものです。第1巻には第7話まで、第2巻には第15話まで、第3巻には第23話までが収録されていますが、すでに発行部数は3巻で10万部を超えているそうで、今年の「日本漫画家協会賞」で優秀賞を受賞しています。

NHKの番組によれば、著者の武田さんが作品を書くきっかけとなったのは、2015年の天皇皇后両陛下のペリリュー島慰霊訪問。その後ペリリューについて調べていくうちに、作品の原案となっているノンフィクション作家の平塚柾緒氏の著書にたどりつき、平塚氏の行った取材をもとに漫画を描くことになったそうです。ストーリーはフィクションですが、史実をもとに構成されているので内容はきわめてリアルで、自分もその場にいるような感覚になるときがありました。

戦争漫画ですから、激しく凄惨な戦闘場面や悲劇的な場面が繰り返し出てきますが、この作品では、戦場という過酷な状況の中で主人公や主人公と同じような普通の兵士が感じたこと、考えていたことがしっかり描かれています。まだ20歳そこそこの若者が、自分が死んだ後に家族がちゃんと「恩給」を受け取れるのか心配する様子など、胸にせまる場面も多く、読んでいると様々な思いが頭をよぎっていきます。

また、武田さんが描く登場人物のかわいいキャラクターもこの作品を特徴づけるもので、深く重い内容とのギャップが戦争の悲惨さをより一層際立たせています。第3巻の最終ページに「日本漫画家協会賞」で贈られた、ちばてつやさん直筆の賞状が紹介されているのですが、そこには『可愛いらしい温もりのある筆致ながら「戦争」という底知れぬ恐ろしさと哀しさを深く表現して見事です。』と書かれています。まさにこの作品を言い表している言葉だと思いました。

今回この作品を目にして、文字にはない「漫画の力」を実感しました。第4巻は来年2月に発刊される予定ですが、必ず買おうと思っています。

読後感(とてもよかった)