えむと、メモランダム

読み散らした本と出来事あれこれ

『池田学展 The Pen-凝縮の宇宙-』へ行ってきました

f:id:emuto:20170930222841j:plain

日本橋髙島屋で開催している『池田学展 The Pen-凝縮の宇宙-』へ行ってきました。新聞でこの展覧会の記事を読み、池田さんのことを初めて知ったのですが、一緒に掲載されていた作品を見て「これは実物を見てみたい」ということに。

池田さんは、ペンを用いた独自の細密技法による作品を発表している画家で、国内外で高く評価されているそうです。会場では、これまで池田さんが制作してきたほぼ全ての作品約120点が展示され、また子供のときに描いた絵や朝日新聞に掲載されたオウム真理教事件、秋葉原事件の法廷画も紹介されています。

初めて池田さんの作品を見て、まず思ったのは「これは本当にペンだけで描いたのか」ということ。どの作品もその緻密さにはとにかく驚きます。なかでも、『興亡史』『予兆』『Victim』『誕生』といった作品は、そのスケール感に圧倒されるだけでなく、作品全体の世界感とそのなかで一つ一つ細かく描かれている世界が融合し、魅了させられました。見ていると次々に新しい発見があり、見飽きることがありません。

順路の最後に、縦3メートル×横4メートルの大作『誕生』が展示されています。2011年の東日本大震災がもたらした破壊とそこからの再生をテーマに、3年を費やして制作されたものだそうですが、大きさもさることながら、描かれている世界に心が打たれました。(この作品だけは写真撮影ができますが、開場後真っ先にこの前に立たない限り、人が入らないようにして全部を撮るのは難しいかもしれません)

とにかく印象に残る個展で、見応えがありました。一見の価値は十分あると思います。展覧会で図録などを買うことはあまりないのですが、今回は池田さんの作品集を買い求めて会場を後にしました。

f:id:emuto:20170930223011j:plain