えむと、メモランダム

読み散らした本と出来事あれこれ

高校のクラス会がありました

f:id:emuto:20180610224014j:plain

 今日は恒例の高校のクラス会でした。場所はいつものように、丸の内オアゾにあるチャイニーズレストラン「The Orchid」。今年も幹事の“強制力”(みんな喜んで従っています)で10名が参加しました。

昨年もこのブログで書きましたが、東京、神奈川、千葉、埼玉在住の高3のクラスメートが顔を会わせます。クラスメート50名のうち、地元(新潟)在住者は約30名。高校を卒業して40年以上経っても、残りの半数が集まる計算ですから、なかなかたいしたものです。

クラス会といっても大層なことはぜず、いつもランチを食べながら2,3時間歓談するだけ。みんな気心が知れているので、話は面白く、笑い声が絶えません。そして、終わると「じゃあまた」といった感じで別れるのですが、そんな日常的な気軽さも、このクラス会がかれこれ8年も続いている理由の一つかもしれません。

ただ、今回いつもと違ったのは、担任だった恩師の訃報を知って間もなかったこと。寂しさもあって、心に残るものになりました。

別れ際、まずは70歳まで続けようと声があがりました。歳を感じることが多くなってきましたが、毎年変わらず会いたいものだと心から思います。