えむと、メモランダム

読み散らした本と出来事あれこれ

『サカナとヤクザ 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う』を読みました

サカナとヤクザ: 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う

今年73冊目の読了は、『サカナとヤクザ 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う』(著 鈴木智彦/小学館 初版2018年10月16日)です。書店で目にして手に取りました。

アワビ、ウニ、カニ、ウナギ。どれも高級食材で日常的に口にすることはありませんが、美味しいものばかりです。ところが本書によれば、売られているものには密漁・密流通品が多く含まれ(アワビは45%、ウナギの稚魚シラスは3分の2)、その取引は暴力団の資金源になっているのだそうです。

本書は、フリーライターで、ヤクザに関して数々の著書がある鈴木氏が、丸5年をかけた取材によりサカナとヤクザ(暴力団)との関係を描いたもの。

鈴木氏は、三陸でのアワビの密漁、そのアワビが出回っている築地市場、北海道で行われている“黒いダイヤ”といわれるナマコの密漁やロシアからのカニの密輸を取材。さらには九州・台湾・香港に足を運んでシラスウナギの国際密輸シンジケートへ迫り、密漁ビジネスの実態を明らかにしていきます。

本書でまず印象に残ったのが、鈴木氏の底知れぬ取材力です。密漁アワビが築地で売られていることを確かめるために、4カ月もの間仲卸会社の軽子(配送人)として働く。北海道ではナマコの密漁団とパイプが出来て“密漁社会のマラドーナ”と呼ばれる人物の誕生会に呼ばれたり、密漁に誘われたりします。

そして、業界誌の記者から「台湾・香港ルートに深く斬りこむと東京湾に浮かぶ」と“忠告”されながらも、台湾のシラスウナギ業者に接触し、ウナギ業界最大の暗部といわれる香港にある「立て場」(ウナギを洗い、選別し、出荷する作業場のこと)にも果敢に潜入。その徹底した現場主義には舌を巻きました。

もちろん、法の網をかいくぐり、取り締まりの手を逃れながら行われる密漁・密流通の様子は驚くばかり。北海道での「ダイバー死亡事故」は少なからず密漁と関係している、摘発を受け押収された密漁の道具が競売によって密漁団に買い戻される、カニの密漁には日本の大資本も噛んでいるといった話も目を引きました。

ただ何といっても、私たちが何気なく食べているものが、暴力団の資金源になっていることなど思ってもいないことで、言葉を失ってしまいます。

もっとも著者に言わせれば、「今の日本の漁業は、密漁や産地偽装などの諸問題がごろごろ出てくる。叩けば埃どころではない。こびりついた垢に近い。漁業者にしても変えなければならないことは分かっている。だが、出来ないのだ。なので蓋をする。そうして気づかぬふりを続けている」とのこと。

まさに“不都合な真実”で、日本の漁業が健全でないことだけは確かなようですが、問題は根深く、もはやなるようにしかならないと思わざるを得ません。

本書によれば、漁獲高が右肩下がりで落ち込んでいるのは、先進国で日本だけ。漁師の年収は200万円台となり、高齢化がどんどん進んでいるそうです。このままでは、海洋国なのに日本の漁業は衰退していくばかりでしょう。そうなれば、出所がわからないサカナがますます出回りそうな気がします。

本書では、サカナと関係が深い千葉・銚子の暴力団の話や、ソ連時代に、日本の情報と引き換えに北方海域で密漁が黙認されていた“レポ船”の話も出てきて、最初から最後まで面白く読みました。けれど、このまま土用の丑の日にウナギを食べ、冬にカニを食べていていいのか、何かスッキリしないものが残ってしまいました。

読後感(考えさせられた)