えむと、メモランダム

読み散らした本と出来事あれこれ

『トワエモア&白鳥英美子 50周年記念コンサート』

f:id:emuto:20191111214320j:plain

一昨日(11月9日)、トワエモアのデビュー50周年を記念した『50th Anniversary トワエモワ&白鳥英美子コンサート ~時は変るとも~』があり、会場の相模女子大学グリーンホールに足を運びました。

中学や高校の頃聴いたトワエモアのヒット曲は、今でも口ずさむことができます。

ただ二人の歌がいいなあと思えたのは、20年程前、トワエモアの活動が再開されて間もない頃に、久しぶりに歌声を聴いてから。

懐かしさもあったかもしれませんが、芥川さんの張りがあって味のある歌声と、白鳥さんの透き通るような歌声が胸に響いてきたことを、今でもよく覚えています。

コンサートは二部構成(二部では白鳥さんのソロのコーナーもありました)。デビューしてからの興味深いエピソードや、芥川さんの楽しい話を交えながら、「或る日突然」、「初恋の人に似ている」、「虹と雪のバラード」、「誰もいない海」、白鳥さんの「AMAZING GRACE」といったヒット曲を含めて20曲ほどが熱唱され、アンコール曲の「空よ」は、観客も一緒になって歌いました。

同じ曲でも、年齢によって感じ方は変わってくるもの。歌を聴いて、青春時代を懐かしみ、歩んできた人生を見つめてしまうのは、自分もまた年を重ねてきたからでしょう。どの曲も、心にしみてくるものがありました。

芥川さんは今年71歳で、白鳥さんは69歳。けれど、まったく年齢を感じさせない歌声は、本当に驚くばかり。

「デビュー時のキーをさげないこと」が、活動を続けていくための二人の約束だそうで、きっと日頃から鍛錬されているのだと思います。いつまでもきれいなハーモニーを聴かせてほしいものです。

公演終了後サイン会があり、会場で買ったCDのジャケットにサインをしてもらい、暖かい気持ちで家路につきました。