えむと、メモランダム

読んだ本と出来事あれこれ

NHK交響楽団「第2004回定期公演」

昨日、NHK交響楽団「第2004回定期公演(Aプログラム)」があり、NHKホールに足を運びました。

指揮は、最後のN響定演となる井上道義さん。
プログラムの前半は、ヨハン・シュトラウスII世のポルカ『クラップフェンの森で』と、ショスタコーヴィチの『舞台管弦楽のための組曲第1番』「行進曲」「リリック・ワルツ」「小さなポルカ」「ワルツ第2番」。

聴く方も、大事な試合の前のウオーミングアップといった感じですが、どれも印象的な作品。

中でも、初めて生演奏で聴いた「ワルツ第2番」の哀愁を帯びた、どこか懐かしいメロディーは心地いいもので、身体が自然にジンタのリズムを刻んでいました。

プログラムの後半は、アレクセイ・ティホミーロフのバスと、オルフェイ・ドレンガル男声合唱団の合唱で、ショスタコーヴィチの『交響曲第13番 「バビ・ヤール」』。この作品も、生演奏で聴いたのは今回が初めてでした。

今や「ショスタコーヴィチといえば井上道義さん」と言っても過言ではないでしょう。

昨日も渾身の指揮で、ステージと会場は井上さんの気力が充満。それに応えて、N響はすべてのパートが、その持てる力を存分に出し切った感じ。

そして、ティホミーロフさんの重厚で魂を揺さぶる歌声と、男性合唱団の壮大で豊かなハーモニー。

力強く、ときに繊細な演奏に只々感動するしかなく、この作品の持つメッセージとともに、曲の魅力を心行くまで堪能しました。

N響のフルート奏者の梶川真歩さんが、SNSで「オケの仕事をしていて、素晴らしいと思う事は、こうした芸術家の普遍的な大きなメッセージを、大勢が奏でる事でしか出来ない音の渦の中で、時を超えて人と共有して体験できる事」とつぶやいていました。

昨日はその渦の中にいて、至福の時間を共有することに。私にとって“忘れられない演奏会”になりました。

『90歳までに使い切る お金の賢い減らし方』を読みました。

読書ノート2024年の2冊目は、『90歳までに使い切る お金の賢い減らし方』(著 大江英樹/光文社新書/初版2023年3月30日)。

大江さんは、定年退職後にサラリーマンから経済コラムニストに転身された方。大江さんの著者『定年楽園』との出会いがなければ、私の転身はなかったかもしれません。

私にはお手本のような存在だっただけに、新年早々の訃報は思いがけないものでした。

本書は、大江さんが「お金を増やすこと」だけに目が行きがちな日本人に対し、人生を豊かに生きるための「お金の使い方」を説いたもの。

前半では、日本人のお金観やお金の本質、お金を増やすことの意味を考え、後半で、人生を豊かにするお金の使い方、減らし方について、大江さんの考えが示されています。

大江さんによれば、日本では「老後不安」という正体不明の不安があるために、多くの人がお金を増やすことに意欲を燃やすようになるとのこと。

ところが結果的に、「死ぬ時に最もたくさんお金を持っている人」がたくさん生まれているようです。

もちろん、誰もがそうなるとは限りませんが、大江さんは、自らの体験からも「老後不安」は“ナラティブ(物語)”に過ぎないと断言。だとすれば、「増やすこと」だけにとらわれて人生を終えるのは、意味のないものに思えてきます。

では、貯めたお金をどう使うのか。大江さんはお金の使い方として、「見栄」と「義理」に使う以外、「本人が価値を認めているものなら、どんなお金の使い方をしてもよい」と言っています。

その意味は、人生を豊かに過ごすために、お金は「人からどう見られているか」よりも、「自分がどれぐらい楽しいか」に使うべきということ。

本書では、自身の体験も交えて、「好きなこと」、「思い出」、「人」そして「価値」にお金を使うことの楽しさや効用を紹介しています。

誰もが同じようにできるとは限りませんし、この先、果たしてどれほどお金が自由になるのかわかりません。

ただ、大江さんが言うように、人生で最後に残る大切なものが「思い出」ならば、せめてそのためにお金を使いたいものです。

大江さんは最後に、「時間」、「信用」、「健康」、「幸福感」は、お金より優先すべきであるとし、さらに、「お金に対する尊敬ではなく、モノやサービスに対する尊敬」、そしてそれを提供してくれる「人」に対して敬意を払うべきだと述べています。

それは、お金に振り回されずに幸せな人生を送ってほしいという、大江さんの願いであり、大事なことを見失っている日本人への戒めに違いありません。

大江さんの思いを受け止め、これからの人生をどう生きるか、もう少し深く考えたいと思っています。

大江さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

NHK交響楽団「第2003回定期公演」

昨日、NHK交響楽団「第2003回定期公演(Bプログラム)」があり、サントリーホールに足を運びました。

指揮はトゥガン・ソヒエフ。
プログラムの前半は、N響のゲスト・コンサートマスター郷古廉さんのヴァイオリンと、首席ヴィオラ奏者村上淳一郎さんのヴィオラで、モーツァルトの『ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲』。

弦楽器が独奏するモーツアルトの作品のなかでは「名曲」と言われていますが、コンサートで聴くのは初めて。

ソリストお二人のテクニックと情感豊かな音色、息のあった演奏、そしてオケとの一体感。どれをとっても素晴らしく、作品の良さを改めて実感することができました。

それにしても、第2楽章は「これ本当にモーツァルトの作品?」といつも思ってしまいます。

アンコールは、同じモーツァルトの『ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲第2番から第3楽章』。お二人の演奏を存分に楽しみましたが、ヴィオラの深い響きは格別で、“縁の下の力持ち”から解き放され、存在感いっぱいでした。

プログラムの後半は、ベートーヴェンの『交響曲第3番「英雄」』。コンサートでは定番の交響曲とはいえ、指揮者の振り方で曲の印象は違ってきます。

昨日の「英雄」は、作品そのものが持つ重厚感よりも、彩りと温かみのある躍動感が印象的。弦のうねりが押し寄せるなか、木管の美しい音色に心が奪われました。

ところで、昨日のコンサートマスターは藤江扶紀さん。私は、N響のコンサートで女性がコンマスを務めるのを初めて見ました。

実力の世界なので、女性を特別視するつもりはありませんが、それでも誰もができることではありません。「たいしたものだ」と素直に感心しました。