えむと、メモランダム

読み散らした本と出来事あれこれ

『オフコース・クラシックス・コンサート 2022』

昨夜(30日)日本武道館で開催された『オフコース・クラシックス・コンサート 2022』に行ってきました。

『オフコース・クラシックス・コンサート』は、作曲家の服部隆之さんが音楽監督を務め、実力派のアーティストが、服部さん指揮するオーケストラをバックに、服部さんアレンジのオフコースの名曲を歌うトリビュートコンサート。

昨年秋に、『オフコース・クラシックス・コンサート 2021』に行ったばかりですが、今回の公演は、40年前、オフコースのラストコンサートが行われた同じ日に、同じ場所で、同じ曲目を、オーケストラ・アレンジで再現するという特別なイベント。

どうしても見過ごすことはできず、いの一番でチケットを申し込み、運よく入手できました。(特典で「バスタオル」をもらいました)

特典のバスタオル

昨日の出演者は、稲垣潤一、辛島美登里、CHEMISTRY、さかいゆう、佐藤竹善、ソン・シギョン、中川晃教、NOKKO 、Ms.OOJA 、矢井田瞳の皆さん。いずれ劣らぬメンバーです。

コンサートの第一部で歌われたのは、ラストコンサーのセットリストそのままで、
『メインストリートを突っ走れ』(佐藤)
『君を待つ渚』(さかい&佐藤)
『夜はふたりで』(稲垣)
『さよなら』(NOKKO)
『心はなれて』(辛島)
『言葉にできない』(CHEMISTRY)
『一億の夜を超えて』(中川)
『YES-NO』(ソン・シギョン)
『愛を止めないで』(NOKKO)
『I LOVE YOU』(Ms.OOJA)

そして後半の第二部で歌われたのは、
『いくつもの星の下で』(中川&さかい)
『時に愛は』(稲垣)
『秋の気配』(辛島&矢井田)
『生まれ来る子供たちのために』(佐藤)
『愛の中へ』(矢井田)
『君住む町へ』(ソン・シギョン)
『眠れぬ夜』(CHEMISTRY)と続き、ラストは全員で『YES-YES-YES』

オリジナルの素晴らしさがあってこそですが、アーティストそれぞれのスタイルで歌われる「オフコース」も聴きごたえ十分。

ステージに流される映像や、多彩な照明演出も相まって、それぞれの熱唱にすっかり心を奪われてしまいました。

会場は私と同じくらいの世代の方が多く、ご夫婦連れの姿もチラホラ。半世紀に渡り歌い継がれ、愛され続けるというのは、そうそうあることではないでしょう。

オフコースの作品に、若い頃の思い出がたくさん詰まっているのは、私だけではないようです。