えむと、メモランダム

読み散らした本と出来事あれこれ

『ルポ西成 七十八日間ドヤ街生活』を読みました

ルポ西成 七十八日間ドヤ街生活

今年75冊目の読了は、『ルポ西成 七十八日間ドヤ街生活』(著 國友公司/彩図社 初版平成30年10月23日)です。書店で目にして手に取りました。

「ドヤ」は日雇い労働者が寝泊まりする簡易宿泊所のことで、「宿(ヤド)」が転じて出来た言葉だそうです。私の場合「ドヤ」というと、フォークの神様と言われた岡林信康さんが作った『山谷ブルース』が頭に浮かんできます。

「ドヤ街」はその簡易宿泊所が集中している街であり、東京の山谷、横浜の寿町、そして本書の舞台である大阪・西成のあいりん地区が有名です。ただし多くの人にとっては気軽に足を運ぶというところではなく、私も行ったことはありません。

本書は、筑波大学を7年かけて卒業した後、自身の思いとは違いフリーライターになってしまった著者が、本書の版元(彩図社)の編集長に促されてあいりん地区に出向き、ドヤ街で78日間生活したときの体験をまとめたルポルタージュです。

著者は、まず建設会社の飯場に住んで作業員として解体現場で仕事をし、次に生活保護申請の候補者を見つけてくる“ヒットマン”として貧困ビジネスの片棒を担ぎ、そして西成では“四つ星級”のドヤ「南海ホテル」(ここは英国人女性を殺して逃亡生活をしていた市橋達也が潜んでいたことがあるそうです)の従業員として働き、西成の住人たちと交流しながら西成を奥深く探索します。

覚醒剤経験者、元ヤクザ、前科者など住人の多くは“わけあり”。警察も頭を抱えるほどはびこる貧困ビジネス。怪しいDVDや期限切れのコンビニ弁当、さらには病院で処方された薬まで並んでいる“闇市”。常に身近にある覚醒剤(著者は「住人たちはリポビタンDであるかのように捉えている」と言っています)。描かれているのは、まさに異次元の世界で、「できれば近づきたくない」という気持ちになるのは、仕方ないところがあります。

もっとも、本書を読む限り、西成のすべてが殺伐としているというわけではありません。過去はいろいろあっても、日雇い労働者の多くはそれなりに真面目に仕事をしていて、お酒を飲み、ギャンブルに興じる姿は、どこにでもいる普通のおじさんと同じです。

また、著者の人柄のせいかもしれませんが、「こんなところにいないで就職しろ」、「覚醒剤には絶対に手を出すな」と著者のことを何かと気にかけてくれる人もいて、漠然と描いているイメージとは何だか違った印象を受けます。

『山谷ブルース』には次の一節があります。

 人は山谷を 悪く言う
 だけど俺達 いなくなりゃ
 ビルも ビルも道路も出来ゃしねえ
 誰も解っちゃ くれねえか

西成の日雇い労働者の仕事は、きつく、危険ですが、誰かがやらなければならないもの。労働者は、元請けから、下請け、孫請けを通り、さらに下流に流れてきたかもしれない仕事を受けとめる最後の砦のようですが、それに気づく人は多くありません。この歌にこめられた意地と悔しさ、そして諦めは、西成にもありそうです。

怖いもの見たさのようなところもあって手にした本ですが、読み終えて、何か複雑なものを感じました。

読後感(考えさせられた)

「NHK音楽祭2018」NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団演奏会

f:id:emuto:20181109221951j:plain

f:id:emuto:20181109222012j:plain

昨夜は、「NHK音楽祭2018」の第3回のコンサートがあり、10月にあった第2回に続きNHKホールへ出かけました。

演奏は、アラン・ギルバート指揮のNDRエルプフィルハーモニー管弦楽団。ピアノ演奏はアンナ・ヴィニツカヤ。演目は、ワーグナーの『歌劇《ローエングリン》から第1幕への前奏曲』、ラヴェルの『ピアノ協奏曲 ト長調』、そしてブラームスの『交響曲第4番 ホ短調』。

アンコール曲は、アンナ・ヴィニツカヤさんが、ドビュッシーの『亜麻色の髪の乙女』と『ミンストレル』。オーケストラはブラームスの『ハンガリー舞曲第6番』と日本の唱歌『浜辺の歌』のオーケストラバージョンでした。

今回のプログラムのお目当ては、何といってもブラームスの『交響曲第4番』。私の好きな交響曲のひとつです。しかもNDRエルプフィルハーモニー管弦楽団の本拠地になっているドイツ・ハンブルクはブラームスの生誕地。演奏を心待ちにしていましたが、“本場の演奏”は期待に違わぬもの。厚みのある豊かな弦の響きにずっと魅了されていました。

指揮者のアラン・ギルバート氏は、これまでこのオーケストラの首席客演指揮者を務め、来年からは首席指揮者に就任するそうです。初めて目にした、大きく、伸びやかな指揮は印象的で、オーケストラとの一体感はさすがに素晴らしいものがありました。

ちょっと驚いたのは、アンコールで演奏された『浜辺の歌』。日本の聴衆のために選曲したのかもしれませんが、アンコール曲とはいえ、この種のコンサートで日本の唱歌が外国のオーケストラによって演奏されるというのはかなり珍しいでしょう。

ブラームスで高揚していた気分が、最後に思いがけず和らいでしまいましたが、それはそれで、記憶に残るコンサートなりました。

『人生の十か条』を読みました

人生の十か条 (中公新書ラクレ 634)

今年74冊目の読了は、『人生の十か条』(著 辻仁成/中公新書ラクレ 初版2018年10月10日)です。書店で目にして手に取りました。

辻さんといえば、作家、ミュージシャン、映画監督と多才な方。女優さんとの結婚や離婚も話題になりましたが、私たちと同じように、時に苦難に遭遇し、大きな壁にぶつかりもします。

そんなとき辻さんは、苦難を乗り越える術として、自分のために「人生の十か条」を考え、唱えてきたのだそうです。

本書は、辻さんがツイッターでも発信してきた様々な「人生の十か条」と、自身のWEBサイト「Design Stories」の連載コラム『人生は後始末』、そして読売新聞社の「ヨミドクタープラス」の連載エッセイ『太く長く生きる』を組み合わせ、加筆・編集したもの。

本書では、[幸運]、[悩む]、[人間関係]、[衝突]、[健康]、[心]、[老い]、[生と死]、[感謝]、[人生]の10のテーマに分けて全部で30の十か条が紹介され、あわせて「十か条」についての思いや、苦難を乗り越え前向きに生きていくためのヒントが綴られています。

十か条には、「運気を下げない十の方法」、「心を癒やす十か条」、「気持ちを軽くするための十か条」といったものから、「頭にきてもいちいち相手にしない十の心得」、「つまんないを変えちゃえ十か条」、「基本ネガティブなんだけど前だけを向いて生きてる人の十か条」といったユニークなものまであって、これだけあれば、どんなときも支えになってくれそうです。

また十か条に続くエッセイでも、自分の生き方を考えさせるもの、人生の励ましとなるもの、印象的なフレーズがたくさん登場します。

「“なぜ?”と疑問を持つことが人間を生かす大きな原動力。」
「本当の反省は自分を内部で変えること。本当の反省を持った人だけが前に進める。」
「乱暴な言葉をまき散らす人間の周りには暴力とか、犯罪とか、哀れなものばかりが集まっている。美しい言葉を丁寧に伝える人には、それにふさわしい幸福、穏やかな人生、周囲との調和が寄り添っている。」
「辛いという字に、一を足すと、幸せという字になる。辛いから一つ前進してみる。一つ足してみる。そうすれば辛いは幸せになる。」

どれも心に響き、気持ちを前向きにさせてくれますが、“弱い人間”に対する辻さんのやさしさも感じ取ることができます。

ところで、私が「いいなあ」と思った十か条は「長生きするための十か条」(P100-101)と「おかげ様の十か条」(P202-203)のふたつ。

「長生きするための十か条」
その一。何事も急がず
その二。たまに怒ってガス抜きをし
その三。毎日を切に過ごし
その四。ストレスや不安には近づかず
その五。穏やかな心で貧しくとも優雅に
その六。家族と好きな友人に囲まれて
その七。控えめに優しく
その八。ささやかな目標を一つ持ち
その九。周りに感謝を忘れず
その十。愛を捧げる

これからの生き方にはぴったりです。心は楽に、でも、「切に生きる」(一瞬一瞬を精一杯生きる)ことは、死ぬまで心がけなければいけないのだと思います。

「おかげ様の十か条」
その一。ご先祖さまに感謝して
その二。たまには親に電話をし
その三。隣人には笑顔忘れず
その四。親しい人にはいつもありがとう
その五。友だちのことを心配し
その六。愛するものを抱き寄せて
その七。自分の身体をいたわり
その八。たまには魂を解放して
その九。口元緩めて笑ってみたらいい
その十。世界を慈しみ、人類の平和を願ってみるもよし

人は多くの人に支えられて生きていますが、ともすると忘れがち。だからこそ「おかげ様」という感謝の気持ちを持つことは大切です。感謝の気持ちは自分の心も豊かにしてくれると思います。

読後感(よかった)