えむと、メモランダム

読み散らした本と出来事あれこれ

『戦前日本のポピュリズム 日米戦争への道』を読みました

戦前日本のポピュリズム - 日米戦争への道 (中公新書)

今年16冊目の読了は、『戦前日本のポピュリズム 日米戦争への道』(筒井清忠/中公新書 初版2018年1月25日)。書店で目にして、手に取りました。

今「ポピュリズム」は世界各国で注目される政治現象ですが、著者は「ポピュリズム」が“大衆の人気に基づく政治”ということであれば、日本ではすでに戦前から行われ、その結果日米開戦にまで至ったとしています。

本書ではそれをふまえ、日露戦争後の「日比谷焼き討ち事件」から始まって、「朴烈怪写真事件」「統帥権干犯問題」「満州事変」「五・一五事件」「国際連盟脱退」「帝人事件」「天皇機関説事件」「近衛内閣誕生」といった歴史的事件をとりあげ、そこで見られるポピュリズムに基づく政治の実態を、文献や新聞記事なども引用しながら明らかにしています.

大正から昭和初期にかけての嫌軍的風潮や軍縮ムードが、満州事変を契機に一変。軍部が台頭しやがて戦争へ突き進んでいくという歴史の流れは、紛れもない事実ですが、それをポピュリズムという切り口で考察するというのは例がなく、興味深く読みました。

なかでも印象に残ったのは、政党政治によって地域社会が政友会系と民政党系に分極化してしまった結果、天皇を中心として、警察・官僚・軍隊のような中立的と考えられていた勢力によって社会が統合されることが、国民の側から望まれるような構造が存在していたという指摘です。政争に明け暮れた政党政治が軍部の台頭をもたらしたというのは周知の話ですが、政党政治に対する国民の嫌悪感を軍部がうまく利用したとしたら、それはまさにポピュリズムに違いありません。

それにしても、「新聞が国民を扇動した」と言われることがよくありますが、当時のマスメディア(主に新聞)の報道ぶりには驚かされます。既成政党に対する批判を繰り返したり、軍部の意向や購読部数(購読者の目)を気にしながら、手のひらを返すように主張を一変したり、五・一五事件の裁判を情緒的に報じたり、近衛文麿の長男をアイドルのように扱ったりと、大衆の空気を醸成した役割は極めて大きいものがあります。

もっとも、マスメディアが世論の形成や空気の醸成に影響を及ぼしているのは、今も同じです。しかも現在は新聞だけでなくテレビ、ラジオ、インターネットと多様化し、さらにSNSという新しいメディアは、ポピュリズムを生み出す要因になっていると言われるほど力を持つようになり、もはや見過ごすことはできません。

著者は、このような状況の中、ポピュリズムにつながりかねないマスメディアの報道のあり方や政治に対する国民の意識に危惧を抱いています。
誤った道を二度と歩まないためには、まずは「政治家なんかみんな同じ」とか「誰がやっても変わらない」といった意識を捨てること、そして政治家の出自や経歴に目を奪われず、主張に対してしっかり耳を傾けることが大切なことだと思います。そして、「メディアが流す情報にはフィルターがかかっているものがある」、「匿名で発信される情報には根拠が乏しいものがある」といったことも忘れてはならないでしょう。

昨年、『ポピュリズムとは何か』(著 水島治郎/中公新書)を読んで、ポピュリズムは絶対悪ではないという考え方を知りました。しかし、ポピュリズムが排他的・独善的であることは否めず、決して健全なものではないと思っていましたが、本書ではその怖さを知ることになりました。

読後感(考えさせられた)

『津波の霊たち 3・11死と生の物語』を読みました

津波の霊たちーー3・11 死と生の物語

今年15冊目の読了は『津波の霊たち 3・11死と生の物語』(リチャード・ロイド・パリ―、[訳]濱野大道/早川書房 初版2018年1月25日)
書評サイト『HONZ』で本書のことを知り、手に取りました。

著者のロイド・パリ―氏は、20年以上東京で暮らしているジャーナリストで、現在は英国『ザ・タイムズ』紙のアジア編集長・東京支局長。本書は、東日本大震災で起きた津波で、児童74名と教職員10名が死亡・行方不明となった宮城県石巻市の大川小学校の悲劇と震災後に起きた心霊現象をテーマとしたポルタージュですが、震災を通して日本の社会に対する鋭い指摘もなされています。

著者は、地震発生以来6年にわたり大川小学校のことを緻密に取材しています。本書では、取材で得た多くの証言をもとに、地震発生から津波が子供達を襲うまでの経緯、家族の悲しみと苦しみ、教育委員会への不信感と怒り、そして真実を明らかにするために起こされた裁判のことが克明に綴られています。

大川小学校の悲劇はマスコミでも報じられてきたので、その痛ましさは知っていましたが、本書で明らかにされている事実は想像を絶するものでした。
すべてが消え去った地獄のような世界。その中で泣きながら遺体を探し運び出す男たちと並べられた遺体を洗う女性たち。我が子の遺体を抱きしめマッサージし、目についた泥を自分の舌で洗い落とそうとする母親。子供を捜すために自ら重機オペレーターの免許を取る母親。懸命な捜索の中で丘の窪みや沼の中から発見される子供たちの遺体。胸がしめつけられる話が続き、途中で息苦しさを感じるほどでした。
大川小学校だけでなく多くの被災地で同じようなことが起きたと思うと、「自分は震災について何も知らない」ということに否が応でも気づかされてしまいます。

また震災後に開かれた教育委員会の説明会で、その場を丸く収めようとする役人や校長に対し、保護者たちが感情を露わにして投げた激しい言葉ーその言葉は「この、タヌギおやず!」「おだずなよ、おめ。」「一生かげで、八〇人死んだがぎどものかたぎとってやっからな、この。どごさも逃がさねど。」というように地元の人が話した通りに書かれているのですがー怒りと悲しみにあふれ、心に突き刺さってきました。しかし、いくら悲しみや怒りに寄り添えても、同じ経験をした者でなければその痛みを感じることはできません。その隔たりは大きく、深いものがあります。

本書のもう一つのテーマは心霊現象のこと。占い師を介して亡骸の行方を知ろうとする人や帰らぬわが子と“会話”する親、幽霊の出没、死者の霊に憑かれた人と除霊を行う僧侶など、本書で初めて知ったことばかりでしたが、被災地では数多くの心霊現象が見られたようです。
これまで霊魂の存在などほとんど関心がなく、どちらかというと懐疑的な方でした。しかし、霊魂の存在を信じる、信じないは大した問題ではなく、幽霊を見たこと(見たと信じていること)、心霊現象を体験したこと(体験したと信じていること)で、突然断ち切られた物語を再び続けることができ、心の傷が癒されるという指摘は、本書の読者であればよく理解できると思います。

著者は、震災後の東北地方の人たちの規律的で道徳的な姿に感嘆しながらも、一方で、大きな問題があるのに議論や対立を避け、抑圧的に振る舞う人が多いことに違和感を覚え、そして東北に限らず、平穏な心と自制心(悪く言えば我慢や諦め)があふれ、周囲の目や役人たちの意向を気にする日本の社会を批判しています。
もしかしたら、本書のタイトルにある“霊”には、被災者の霊だけでなく、日本に憑いて市民社会の健全な発展を妨げている亡霊も含まれているのかもしれません。

震災から間もなく7年。時間が経つにつれ記憶も次第に薄れていきますが、悲惨な出来事を決して忘れてはならないと、本書を読んで改めて思いました。

読後感(とてもよかった)

『内臓脂肪を最速で落す 日本人最大の体質的弱点とその克服法』を読みました

内臓脂肪を最速で落とす 日本人最大の体質的弱点とその克服法 (幻冬舎新書)

今年14冊目の読了は、『内臓脂肪を最速で落す 日本人最大の体質的弱点とその克服法』(奥田昌子/幻冬舎新書 初版2018年1月30日)
それほど太っているわけでもなく、会社の健康診断で「メタボ」と言われたこともありませんが、ポッコリ出ているお腹がどうも気になっていて、思わず手に取りました。

本書によれば、内臓脂肪は高血圧、脂質異常、糖尿病、心臓病などの生活習慣病だけでなく、大腸がんや乳がん、さらには認知症まで招く恐ろしいもので、しかも日本人の体質が持つ最大の弱点は、この内臓脂肪がたまりやすいことだそうです。自分も血圧は少し高め、コレステロールの薬も服薬中ですが、もしかしたら腹回りの内臓脂肪が何か悪さをしているのかもしれません。

本書では、内臓脂肪の基本的な情報と内臓脂肪が病気を招くメカニズムを解説し、食事と生活習慣から、内臓脂肪を減らす方法を、最新の考え方をもとにわかりやすく紹介しています。玄米、大豆、魚、海藻といった食材がおすすめであること、有酸素運動が体にいいことなど、よく知られた話も多いのですが、どうしてそれが大事なのか、内臓脂肪との関係から示されていて説得力がありました。

気になったのは、日本人は食物繊維と炭水化物が多く、脂肪が少ない昔ながらの食事の方が内臓脂肪は付きにくいという話。だからといって、ご飯をたくさん食べてもいいと言っているわけではないのですが、炭水化物=糖質でないとしても、今話題の「糖質制限」はほどほどが良さそうです。それにしても、糖質に限らず、血圧やコレステロールの適正数値など専門家の意見はさまざまで、悩まされてしまいます。結局どの考え方を採るにしても、最後は自己責任ということになるのでしょう。

内臓脂肪は皮下脂肪より落ちやすいということなので、本書を参考にして少しでも内臓脂肪を減らしたいと思っています。

読後感(参考になった)