えむと、メモランダム

読み散らした本と出来事あれこれ

『看る力 アガワ流介護入門』を読みました

看る力 アガワ流介護入門 (文春新書)

今年48冊目の読了は、『看る力 アガワ流介護入門』(阿川佐和子 大塚宣夫/文春新書 初版2018年6月20日)

父が急逝してからというもの、父の存在で隠れていた母の「異変」ぶりに気づかされるようになりました。

あわてて要介護認定調査を受けたところ「要介護1」の判定。何か遠い世界の話のように思っていた“介護”が急に身近なものになってきたところで、本書が目にとまりました。

本書は、エッセイスト、タレントの阿川佐和子さんと、高齢者向け医療施設を運営する医療法人の会長である大塚宣夫氏が、介護や老後について語り合ったものです。

阿川さんは父である阿川弘之氏に最期まで付き添い、現在は、認知症が始まっている母親を看ていて介護経験は豊富。また、大塚氏は40年近くにわたり高齢者医療に携わっていてこの分野では第一人者。これまでの体験や様々なエピソードを紹介しながら、ユーモアを交えて進む話は面白く、親の介護や自分の老後を考えるうえでヒントがたくさんあって、あっという間に読み終えてしまいました。

どの話も印象に残りましたが、「認知症の人は、少ない記憶を駆使して自分なりにベストの判断をくだし、行動している。」というのは目から鱗。認知症の人に「バカにされない、叱責されない、とがめられない」という安心感を与えることがなぜ大切なのか、その理由もよくわかりました。

また、「周りの人から必要とされるような環境をつくり続けられるかどうか、もしできないとしても、少なくとも他人に迷惑をかけないよう生きるためにはどうしたらいいか、考えておいたほうがいい」とか、「75歳を過ぎたら、体の言うことを聞いて楽させたらもう終わり。体がなんと言おうと、気力に体力を引っ張らせることこそが大切」といった話は、自分のこととして心に残りました。

自分にとって75歳というのはまだ随分先ですが、時間が経つのはあっという間。本書に登場する「残念な男性たち」のようにならないためにも、今のうちから「生き方」を考え、「生活習慣」を見直すことが大切なようです。

読後感(面白かった)

福井健策先生登壇 CRIC月例著作権研究会

f:id:emuto:20180711225758j:plain

著作権情報センター(CRIC)主催の月例著作権研究会があり、出席しました。

今月の講師は骨董通り法律事務所の福井健策先生。演題は「デジタルアーカイブと不明著作権・肖像権・所有権」。福井先生ならではのテーマですが、会場は満員御礼という感じで、相変わらずの人気でした。

デジタルアーカイブ活動の動き、大きな課題である権利処理問題に対するアプローチ、そして今後の展望といった内容でしたが、いつもながら福井先生の話はとても明快。ユーモアを交えたTEDトークのような講演は、聴く人の期待を裏切りません。あっという間の2時間でした。

私のいる出版社でも、著作権をはじめ権利処理の問題は常について回ります。特に昨今は、今日話があった「肖像権」に今まで以上に配慮が求められるようになっているため、福井先生が示された「肖像権の判断要素」は大変参考になるものでした。とてもいい“おみやげ”です。

それにしても、著作権の保護期間の延長が現実のものになり、「貴重な文化的資産を多くの人が自由に使う」ということがますます難しくなってしまったことは、残念でなりません。

『「がん」はなぜできるのか そのメカニズムからゲノム医療まで』を読みました

「がん」はなぜできるのか そのメカニズムからゲノム医療まで (ブルーバックス)

今年47冊目の読了は、『「がん」はなぜできるのか そのメカニズムからゲノム医療まで』(国立がん研究センター研究所 編/ブルーバックス 初版2018年6月20日)。書店で目にして、手に取りました。

近年の統計では、日本人の2人に1人が生涯に一度はがんにかかり、男性の4人に1人、女性の6人に1人ががんで死亡するそうです。まさに「がんは国民病」という時代を迎えていますが、一方で「がんは不治の病」、「がんは苦しいもの」といったイメージは頭から離れません。

本書は、国立がん研究センターで行われてきた研究成果をベースに、がんの発生・再発・転移のメカニズム、がんの発見・予防の可能性、そして期待されているゲノム治療などについて解説したものです。

決して難解な内容ではありませんが、ブルーバックスの1冊なのである程度専門的。私のような文系人間にとってはハードルの高い話もありました。しかし、がん発生の原因、環境とがんの関係、老化・慢性炎症とがんの関係などの話はわかりやすく、また医療関係者が懸命な取り組みを行っていて、その成果が表れていることも実感しました。「がん根治」はすぐには難しいのでしょうが、「不治の病」でないことは、理解できます。

本書では、がん予防法として「禁煙」(受動喫煙にも注意)、「節酒」(毎日飲むなら日本酒1合、ビール大瓶1本まで)「食生活」(塩分を控え、野菜と果物を積極的に摂取、熱い食べ物は冷ます)、「身体活動」(適度の運動)、「適正体重の維持」(太り過ぎず、やせ過ぎず)の5つの健康習慣が紹介されています。

もはやがんは普通の病気であり、どんなに気をつけていても発症することがあるでしょう。だからといって、この年齢になるとさすがに何も意識しないというわけにはいきません。節酒は少し残念ですが、まずはこの健康習慣の実践を心がけようと思っています。

読後感(参考になった)