えむと、メモランダム

読み散らした本と出来事あれこれ

「NHK交響楽団定期公演 第1928回」

f:id:emuto:20191207142441j:plain

f:id:emuto:20191207142516j:plain

昨夜、「NHK交響楽団定期公演 第1928回(12月Cプログラム)」があり、NHKホールに足を運びました。

指揮は、まだ35歳という若さのディエゴ・マテウス。プログラムの前半は、メンデルスゾーンの『「夏の夜の夢」序曲』と、ニキータ・ボリソグレブスキーのヴァイオリンで、グラズノフの『ヴァイオリン協奏曲 』。

冬の寒さに「夏の夜の夢」の取り合わせは、ちょっと面白かったのですが、演奏はもちろん正統派。曲の冒頭、弦の繊細な響きは、今も耳に残っています。

グラズノフの『ヴァイオリン協奏曲 』は、初めて聴きました。チャイコフスキーに影響されたとのことで、民族音楽風なところもありますが、とても情緒的な作品です。

ボリソグレブスキーさんの演奏は、華やかであり、胸に響く低音は「優美」という言葉がぴったり。途中のカデンツァも色彩豊かで、作品の良さを十二分に引き出しているように感じました。

ボリソグレブスキーさんのアンコール曲は、ヴィエニャフスキの『エチュード カプリース』という作品。これも初めて聴きましたが、とても技巧的なもの。ボリソグレブスキーさんのテクニックが光っていました。

プログラムの後半は、ベルリオーズの『幻想交響曲』。ステージには、ハープが4台並び目を引きました。

マテウスさんの指揮は、若さからくるものか、終始伸びやかで、躍動的。N響の弦を鳴らし、管を響かせていましたが、変な派手さはなく、好感が持てました。

昨日の演奏では、特に管と打楽器が印象的。クラリネットとオーボエの音色は魅力的で、ティンパニと大太鼓の響きは、胸の奥にも届いてきます。

演奏後、このパートへの拍手はひときわ大きく、同じように感じた人が多かったのかもしれません。

ところで、昨日の演奏中、突然チェリストの一人が立ち上がり、楽器を持って楽屋の方に。

何事かと思ったのですが、どうやら、他のメンバーのチェロの弦が切れたため、張り直すためだったようです。(定かではありません)

しばらくすると戻ってきて、(弦を張り直した)チェロを手渡すところを目撃しましたが、話には聞いていた、珍しい場面に遭遇しました。

NHKホール前の代々木公園のけやき並木では、『青の洞窟 SHIBUYA』のきれいなイルミネーションも点灯。

コンサートでは音がきらめき、今日のプログラムはひときわ心に残るものになりました。

 (『青の洞窟 SHIBUYA』のイルミネーション)

f:id:emuto:20191207142726j:plain

f:id:emuto:20191207142748j:plain

f:id:emuto:20191207142811j:plain

 

高校クラス会

f:id:emuto:20191201215132j:plain

f:id:emuto:20191201215242j:plain

今日は、毎年恒例の高校のクラス会があり、地元(新潟)を離れ、東京、神奈川、千葉、埼玉に住む高3のクラスメート8名が集まりました。

場所はいつものように、丸の内オアゾにあるチャイニーズレストラン「The Orchid」(ジ・オーキッド)です。

いつもランチを食べながら、歓談するだけなのですが、今年は直前に、参加を楽しみにしていた友人が急逝。誰もがいまだに信じられず、少し寂しいものになってしまいました。

ただ、日常的な気軽さはいつものとおり。話題はここ数年随分変わってきましたが、クラス会だからといって、身構えずに済むのが、いいところです。

まずは70歳まで続けるというのが、この会の目標。来年もまた元気で顔を会わせたいものです。

 (料理の一部)

f:id:emuto:20191201215844j:plain
f:id:emuto:20191201215924j:plain
f:id:emuto:20191201220005j:plain
f:id:emuto:20191201220030j:plain

(丸の内オアゾに飾られていたイベント用のクリスマスツリー)

f:id:emuto:20191201215605j:plain



『かきバターを神田で』を読みました

f:id:emuto:20191126214359j:plain

今年60冊目の読書レポートは、『かきバターを神田で』(著 平松洋子 画 下田昌克/文春文庫 初版2019年11月10日)。書店で目にして、手に取りました。

著者の平松さんは、「食文化と暮らし」をテーマに、たくさんの著書がある人気のエッセイスト。本書は週刊文春の連載コラムを文庫化したもので、「食エッセイ」76編が収録されています。

本書の解説は堂場瞬一さんが務めていますが、堂場さんによると、食エッセイを読む時のポイントは「憧れ」か「共感」。

「憧れ」は、食べ物なら「食べてみたい」、お店なら「行ってみたい」と思わせることで、いかにそこへ誘い込むかが、書き手の腕の見せ所。そして「共感」とは、「あ、これ、食べたことがある」だそうです。

もちろん、平松さんの腕は確かなもの。
『かきバター』(とんかつ万平)、『あぜくら』(みやび堂製菓本舗)、『肉そば』(山形一丁亭)、『とん蝶』(絹笠)、『麗郷』(渋谷の台湾料理店)、『とよ田』(自由が丘の鶏料理店)…。

そして、平松さん自身が普段の生活のなかで作った「おでん」、「煮卵」、「カレー」、「なずそうめん」、「さんまのコンフィ」、「きのこ満載スープ」…。

平松さんの巧みな表現で、食べ物の姿やお店の様子が目の前に現われ、ページをめくるたび「食べてみたい」、「行ってみたい」という気持ちになったのは、言うまでもありません。

なかでも、平松さんが北海道で食べ尽くしたエゾシカは、一体どんな味なのか、かなり興味をそそられてしまいました。

そのほか、本書で妙に印象に残ったのは、無類の鰻好きだった斎藤茂吉のエピソード。

「一体どこまで食べれば気が済むのか」と思わせるような食べっぷりは、驚くばかりだったのですが、鰻がすっかり並ばなくなったわが家の食卓が思い起こされ、ちょっと寂しい気分にもなりました。

それにしても、「食べ物」というのは、人の心をかき乱すものだと、つくづく思います。