えむと、メモランダム

読み散らした本と出来事あれこれ

『三河吉田藩・お国入り道中記』を読みました

三河吉田藩・お国入り道中記 (インターナショナル新書)

 今年21冊目の読書レポートは、『三河吉田藩・お国入り道中記』(著 久住祐一郎/インターナショナル新書 初版2019年4月10日)。書店で目にして、手に取りました。

本書のテーマは、「古文書から読み解く参勤交代の真実(リアル)」。

参勤交代というと、「下に~、下に~」という掛け声とともに大名行列が通り、それを庶民が土下座をして見送るというシーンがイメージされますが、個人的には、佐々木蔵之助さん主演の映画『超高速!参勤交代』や、浅田次郎さんの小説を原作にしたNHKのTVドラマ『一路』のことが思い起こされます。

本書は、天保12年(1841年)、三河吉田藩の若殿様松平信宝(のぶとみ)が、江戸から吉田(現在の愛知県豊橋市)までお国入りしたときの様子を、家臣が書き残した詳細な記録を紐解きながら明らかにして、参勤交代の実態と江戸時代の武士の姿を紹介するもの。

「古文書から読み解く」といっても、決して学問的なものではなく、豊橋市美術博物館の学芸員である著者の解説は、とてもわかりやすく、吉田藩松平伊豆守家のあらましから始まり、参勤交代の話に進んでいきます。

参勤交代に参加するメンバーの決定、武具や馬具などの準備、奉公人(中間)の手配、藩士たちへの手当の支給、宿の予約、他藩との日程調整、道中の重要規則である「道中法度」の徹底・・・。

とにかく、行列そのものより準備に大変なエネルギーが必要なことがよくわかりましたが、思いがけないトラブルに遭遇しながらも、そつなく仕事をこなしていく、家臣たちの姿も印象的。役職は世襲が基本なのでしょうが、有能でないと、務まりそうもありません。

そのほかにも、この当時すでに吉田藩は財政難であり、節約を旨としているものの、それでも何かと出費がかさむこと。大名行列は“派遣労働者”と“派遣会社”なしではできなかったこと。目立つところだけ大きな隊列を組むこと。先例主義と文書主義が徹底していること。紛失物、病気、死亡、川止めなど道中のアクシデントの対処方法が事細かく決まっていること。参勤交代の裏側は、実に興味深いものがありました。

面白かったのは、道中の付け届けの慣習。お返し目当てのものもありそうですが、折々に献上品と返礼のやり取りがあり、現代のお中元やお歳暮につながる“贈り物文化”が垣間見えました。

ただ吉田藩では(どの藩も同じだったかもしれませんが)、お返しの出費を抑えるため献上品を受け取らないこともあって、涙ぐましい経費削減の取り組みには同情してしまいます。

参勤交代は儀礼のひとつに過ぎません。けれど、主従の結びつきの強さや家柄による待遇の違いなど、封建制度の在り様をまざまざと映し出しているようです。

それにしても明治維新後も、お殿様と家来の関係が続いていたのには、驚きました。

「NHK交響楽団定期公演 第1909回」

f:id:emuto:20190415211604j:plain

昨日午後、「NHK交響楽団定期公演 第1909回(4月Aプログラム)」があり、会場のNHKホールに足を運びました。指揮はチェコ出身のヤクブ・フルシャ。N響とは今回初共演だそうです。

今回のプログラムは、リヒャルトシュトラウスの交響詩『ツァラトゥストラはこう語った』、フランスのソプラノ歌手ヴェロニク・ジャンスを迎えて、ベルリオーズの叙情的情景『クレオパトラの死』、そしてヤナーチェクの『シンフォニエッタ』の3曲。『ツァラトゥストラはこう語った』を生で聞くのは初めて。あとの2曲は初めて聞く作品でした。

『ツァラトゥストラはこう語った』は、冒頭のフレーズがあまりにも有名ですが、今回、呼吸を合わせた弦の一体感が印象に残り、作品の良さを再認識。オーケストラの息づかいは、やはり生演奏でないとわからないものです。

『クレオパトラの死』は、クレオパトラがアクティウムの海戦の敗戦を受け、毒ヘビに身体を噛ませて自殺したエピソードをもとにしたカンタータ。悲しみと絶望感に苛まれるクレオパトラの心情が、ジャンスさんによって劇的に、切々と歌い上げられ、舞台に引き込まれてしまいました。クレオパトラが会場に現れたような感じを受けたのは、私一人だけではないかもしれません。

『シンフォニエッタ』は、ヤナーチェク晩年の管弦楽曲で、この作品は、村上春樹さんの小説『1Q84』にも登場するそうです。ヤナーチェクらしい民族音楽的な旋律とリズムが特徴的ですが、印象に残ったのは何といってもバンダの演奏。会場に響き渡る金管の切れのある音色に耳を傾けました。

決してメジャーではありませんが、作品それぞれに味があり、心に残るコンサートでした。

『つまずきやすい日本語』を読みました

つまずきやすい日本語 (NHK出版 学びのきほん)

今年20冊目の読書レポートは、『つまずきやすい日本語』(著 飯間浩明/NHK出版 初版[奥付]2019年4月30日)。SNSで知り、手に取りました。

本書は、NHK出版の新シリーズ「学びのきほん」の創刊号2冊のうちの1冊。本シリーズは「生きた学びを手に入れる」をコンセプトに、古今東西の教養の「きほん」を1テーマ1冊でコンパクトに学ぶものだそうです。

コンパクトというだけあって100ページほどのボリューム。書籍というよりテキストなのですが(商品としては雑誌扱い)、財布にもやさしく、なかなか面白い企画だと思いました。

本書で学ぶのは、「間違いやすい日本語」(ことばの正誤)ではなく、「つまずかない」(誤解を生まない)ことばの伝え方。

辞書編集者で、“日本語の世界”では著名な著者が、ことばの持つ性質を明らかにしたうえで、なぜ「つまずき」が起きるのかその理由を明らかにし、「つまずき」を避ける方法を「話すとき」「聞くとき」「書くとき」「読むとき」に分けて紹介しています。

ことばという道具は、「つまずき」を生みかねない“頼りなさ”あるから役に立っているとのこと。かといって、「つまずき」を放っておけば、コミュニケーションがうまくとれず、人間関係にも悪影響を及ぼしかねません。ことばを使うなら、つまずきは少なくしたいものです。

著者は、ことばのつまずき防ぐには、「人と話す機会を増やし、いろいろな種類の本を広くを読む」ことが有効だとし、さらに、話すときは「念を押し、2度言う」、聞くときは「相づちを打ち、質問する」、書くときは「多義的なことばを排除する」、そして読むときは「声に出して読んでみる」ことを勧めています。

どれも特別に難しいことではなく、意識すれば誰でもできそう。私も心がけるつもりです。

ことばは社会生活で欠かせないもの。だからこそ、ことばの使い方や解釈は人それぞれであることを自覚し、独りよがりの使い方にならないよう気をつけなければならない。本書を読んで肝に銘じました。

それにしても、日本語というのはやっかいで、扱いにくいけれど、奥深く、面白いものだとつくづく思います。

ところで、今週4月12日(金)に、荻窪の書店「Title」さんで、著者のトークイベント(本書の特別授業)があり、私も申し込みました。どんな話が聞けるのか、今からとても楽しみです。