えむと、メモランダム

読み散らした本と出来事あれこれ

『興亡の世界史 地中海世界とローマ帝国』を読みました

興亡の世界史 地中海世界とローマ帝国 (講談社学術文庫)

今年83冊目の読了は、『興亡の世界史 地中海世界とローマ帝国』(本村凌二/講談社学術文庫 初版2017年9月11日)です。2007年に同じ講談社から出版された全集『興亡の世界史04 地中海世界とローマ帝国』の文庫版ですが、登場人物が多いのに加え、見慣れない名前を確認しながら読むためペースは遅くなりがち。読み終えるまで時間がかかってしまいました。

本書はローマ帝国の歴史を誕生から滅亡まで辿るものです。1000年以上の歴史が400頁ほどで語られているので、ローマ史に詳しい人や関心のある人だと、本書では物足りなさを感じるかもしれません。しかし、小さな都市国家が地中海世界を制し、ついには世界帝国となって繁栄を謳歌、やがて衰退に向かうという古代ローマ史の流れを大まかに知ることができて、私には十分な内容でした。
また、ハンニバルのアルプス越えやカエサルのルビコン川の渡河など、これまで断片的な知識でしかなかったエピソードが、歴史の流れの一場面として蘇ったり、メセナの語源やドルの通貨記号の理由を知ったりと、思いのほか面白く読みました。

それにしても、陰謀や粛清のなかで繰り広げられる帝位継承には驚きます。権力闘争はいつの時代でも、どんな組織集団でもあることで、それが数々の物語を作るのでしょうが、ローマ史では名君、暗君、暴君そしてそれを取り巻く人々、多彩な登場人物が次々に現れるので、物語の面白さは格別なのかもしれません。

政治思想史家の丸山真男氏は「ローマ帝国の歴史には人類の経験がつまっている」と語ったそうです。さすがに本書を1回読んだくらいでその意味をつかむことはできませんが、そう思わせるものがありそうなことは、おぼろげながら感じることができました。

読後感(面白かった)

『統計は暴走する』を読みました

統計は暴走する (中公新書ラクレ)

今年82冊目の読了は、『統計は暴走する』(佐々木彈/中公新書ラクレ 初版2017年9月10日)です。書店で目にして手に取りました。

本書は、東京大学社会科学研究所教授の著者が、現代を生きる者にとっては「読み書き」「四則計算」に劣らず必携だとする「統計リテラシー」(=いかがわしい統計を見分け、見破る術)を身につけるヒント・考え方を、“暴走する統計”の具体例をもとに解説したものです。

“暴走する統計”というと統計自体に何か問題があるような印象がありますが、決してそうではなく、統計を利用する側(発信する側)の不注意や悪意により様々な問題が引き起こされることをいいます。本書で著者は、“暴走する統計”を犯罪になぞらえて、「統計はだます」、「統計は盗む」、「統計は迫害する」、「統計は殺す」の4つに分類し、それぞれ5つの事例を取り上げて解説したうえで、そこから導かれる教訓を示しています。

なかには専門的な話もあって、少し難しいと感じたところもありましたが、「たばこを吸ってもガンにならない」「未婚者は既婚者より10年短命」「二酸化炭素は地球温暖化と関係ない」など、興味をひくテーマから統計の暴走ぶりを知ることができました。ただし統計が暴走するのは、無関心なことは何の疑いもなく受け入れる、関心のあること・肯定的に考えられることはバイアスをかけてしまう、といった情報を受ける側の姿勢にも原因があるとのこと。自分もやっていそうで反省されられます。

著者は、統計には必ず「意図」が存在し、暴走させないためにはその「意図」を見抜くことが大切だと言っています。そのためには「統計リテラシー」が必要ということになるのですが、本書では、記事を批判的に読む、常識を働かせる、5W1Hを確認する、発信者側に立ってみる、といったことを実践すれば統計リテラシーは向上するとしています。

もっともよく考えると、これらのことは物事を正しく考えて理解していくうえでは大切なことです。何も統計リテラシーのためだけでなく、日常的に心がけたいと思いました。

読後感(参考になった)

『悩める日本人「人生案内」に見る現代社会の姿』を読みました

悩める日本人 「人生案内」に見る現代社会の姿 (ディスカヴァー携書)

今年81冊目の読了は、『悩める日本人「人生案内」に見る現代社会の姿』(山田昌弘/ディスカヴァー携書 初版2017年8月15日)です。書店で目にして手に取りました。著者の山田さんは、「パラサイト・シングル」「格差社会」といった概念を生み出したことで有名な社会学者です。

本書は、読売新聞の「人生案内」の回答者でもある山田さんが、新聞読者から寄せられた相談を通して、価値観の多様化が進むなかで、それに対応できない現在の日本社会の姿を読み解くものです。山田さんの著書は何冊か読んだことはありますが、読売新聞は購読していないので、「人生案内」の回答者になっていることはまったく知りませんでした。

山田さんは、人生案内に寄せられる相談には3つの特徴的な傾向-“多様な愛や性の形に関する相談”、“中高年のパラサイト問題”、“夢を見ていられない若者たち”-があるとし、本書ではこの3つの特徴に分けて、実際の相談と山田さんの回答が全部で23例紹介されています。
“多様な愛や性の形に関する相談”では、「女装する夫にショック」「70代男性 年下の彼に未練」「息子は同性愛者なのか」「性的少数者 就活どう臨む」「妻が不倫 謝罪されたが苦しい」といった相談、次に“中高年のパラサイト問題”では、「60代息子が主夫 情けない」「30代息子 教授になれるか」「自慢の娘 さえない生活」「働かない40代息子」といった相談、そして“夢を見ていられない若者たち”では、「夢は考古学者 本心言えず」「リポーターの夢 あきらめるべきか」「声優の夢 限界感じる」といった相談の紹介があります。

山田さんによれば、価値観の多様化が進み日本社会はモデル(お手本・型)なき時代に突入している一方で、日本に昔からある「世間体」という圧力が強くなっていて、それが悩みや相談を増やしているのだそうです。とりわけSNSの影響もあって、「世間体社会」が加速度的に進行し、過剰にリスクを恐れ、リスクを避ける意識が日本の社会を縮こまらせていると指摘しているのですが、それが生きづらさに拍車をかけます。

価値観の多様化ということは、かなり以前から言われていることで、これからも言われ続けるでしょう。ただ本当にそれが意味を持つのは、その多様な価値観をお互いに認め合ってこそだと思います。ところが、認め合うどころか排除してしまう、自分の考えと少しでも違うとクレームをつける、そんなごく一部の人の意見を気にして自主規制する、といったことが最近は顕著になってきたような気がします。多様化のなかの偏狭化という複雑な社会では、生き方に悩む人はこれからも増え続けていくに違いありません。

山田さんは、「人のことは別に関係ないとみんなが思えたらいいけど、そうはなっていない。むしろ関係ない人が関係ない案件に文句をつける社会になっている。どうしたらいいか、誰かに相談したくなる」と語っています。相談を受ける回答者が相談したくなるというのは笑い話にもならず、つくづく考えさせられます。

読後感(よかった)

『地名の謎を解く 隠された「日本の古層」』を読みました

地名の謎を解く: 隠された「日本の古層」 (新潮選書)

今年80冊目の読了は、『地名の謎を解く 隠された「日本の古層」』(伊東ひとみ/新潮選書 初版2017年7月25日)です。書店で目にして手に取りました。

著者は、「地名はさまざま時代の人間の営みを反映して生み出され、幾多の曲折を経て受け継がれ、また混在しながら使われてきたものであり、その渾然の姿はまさに「森」(=「地名の森」)の趣がある。その深奥には、日本人の心の古層につながる世界がある」と語っています。
本書は、著者がその森に入り込み、日本のさまざまな地名について、名づけられた理由や歴史的変遷を、多くの研究文献、また古事記、日本書紀、風土記、万葉集といった歴史書、さらには縄文人・弥生人の世界に言及しながら明らかにしたものです。地名が名づけられた理由は実にさまざまで、本書で初めてその謂れを知った地名も多く、地名の変遷もとても興味深いものがありました。

本書で一番心に残ったのは、“生きた言葉の化石”ともいわれる地名には縄文語の痕跡が残っているかもしれないという指摘です。縄文時代の人々が話していたコトバがどこかの地名になっているかもしれないと考えると、時空を超えたロマンを感じます。

一方で、その土地の来歴とは全く関係ない「きらきら地名」「ひらがな地名」「合成地名」などは、その土地に根が張れるのだろうか、千年、二千年経って言葉の化石として残っているのだろうかと考えてしまいます。難解で読みにくい、合併があったなど、その地に住んでいる人にとってはやむを得ない事情があるのかもしれませんが、由緒ある地名が突然消失するのはとても残念なことです。
本書によれば、千葉の匝瑳市、兵庫の宍粟市は、難解地名を逆手にとって知名度をあげようとしているそうですが、その心意気を応援したくなります。

たかが地名、されど地名。本書で地名の奥深さを感じました。

読後感(面白かった)

『母さん、ごめん。50代独身男の介護奮闘記』を読みました

母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記

今年79冊目の読了は、『母さん、ごめん。50代独身男の介護奮闘記』(松浦晋也/日経BP社 初版2017年8月7日)です。書店で目にして手に取りました。

本書は、元日経BP社の記者で現在はジャーナリストとして活動している著者が、認知症の母親をひとりで介護する日々を綴ったものです。娘やお嫁さんではなく、男性(しかも50代の独身)が親の介護について書いた本は珍しく、また自分の年齢が著者と近いこともあって、最初から最後まで興味深いものがありました。

介護の本は昨年、エッセイストの岸本葉子さんが父親の介護について書いた『週末介護』(晶文社)を読みましたが、介護に奮闘する中でユーモアも感じられ、心あたたまる読み物といった印象を持ちました。
一方本書は、ドキュメンタリータッチで岸本さんとは趣がだいぶ異なります。母親との口論、排泄を初めとする様々トラブル、そしてそれらへの対処で精神的・経済的に追い詰められていく様子、そんな深刻な事態の中でもとにかく必死に介護を続けようとする著者の姿が、リアルに描かれています。

読み進むうちに、著者を追体験しているような感じになってきたのですが、読み終えて思ったことは、「自分はとてもここまでできないだろう」ということ。精神のバランスが崩れ「死ねばいいのに」という独り言が出てきたこと、ついには母親に手をあげてしまったことも包み隠さず書かれているのですが、そんな中でも母親を支えようとする姿には頭が下がります。結局、母親は介護施設に入所することになりますが、その際に担当の医師から声をかけられて著者が思わず涙する場面ではこちらも胸が熱くなり、「本当によく頑張りました」と声をかけたくなりました。

本書では、介護保険を使うことで、母親だけでなく著者自身も救われる様子が描かれています。本書の前に読んだ『教養としての社会保障』(東洋経済新報社)で、著者の香取照幸さんが「社会保障の目的は、落ちこぼれた人間をつくらず、誰もが常にプレーヤーとして社会の中に存在している社会をつくること、自分の尊厳を守り希望を持って自立して生きていける社会をつくることにある」と語っていましたが、本書を読んでその意味するところが少しわかったような気がしました。

歳を重ね、自分自身の介護も遠い世界の話ではなくなってきましたが、いくつになっても健康で自立した生活を送りたいものだと心から思います。

読後感(よかった)