えむと、メモランダム

読み散らした本と出来事あれこれ

『自民党 価値とリスクのマトリクス』を読みました

f:id:emuto:20200921204602j:plain

(装丁 矢萩多聞)

2020年34冊目の読書レポートは『自民党 価値とリスクのマトリクス』(著 中島岳志/スタンド・ブックス/初版2019年6月21日)。

安倍政権の突然の終焉は晴天の霹靂。総裁選の様子が伝えられ、先行きが気になっていたところで本書のことを知り、手に取りました。

本書は、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授で、近代日本政治思想が専門の著者が、自民党の有力政治家(首相候補)9人の特徴を分析し、自民党政治の姿を明らかにするもの。

著者は、それぞれの著書やインタビュー記事などを読み込み、政策やビジョンを「リスクの問題」と「価値の問題」を指標として分析し、「リスク」を縦軸、「価値」を横軸にしたマトリクス表で4つのタイプに分類していきます。

ちなみに、「リスクの問題」とは、様々なリスクは社会で対応すべきという立場か、それとも個人責任とする立場なのか。

「価値の問題」とは、パターナル=権威主義的なのか、それともリベラル=多様性に対し寛容なのかということです。

本書に登場するのは、安倍晋三、石破茂、菅義偉、野田聖子、河野太郎、岸田文雄、加藤信勝、小渕裕子、小泉進次郎の各氏。

安倍さんを除けば、半数以上が今回の総裁選に出馬した人、または出馬が取り沙汰された人です。

それだけに、著者が示す各人のスタンスの違いや、政治家になったいきさつは興味深いもの。

普段、政治家をイメージでしか見ておらず、具体的な政策やビジョンをほとんど知らないことに改めて気づかされました。

著者によれば、安倍さんはもちろん「アンチ・リベラル」で、「リスクの個人化」を志向。

f:id:emuto:20200921205014j:plain

(P34掲載 安倍氏のポジション)

「安倍さんは、相手の見解に耳を傾けながら丁寧に合意形成を進めるのではなく、自分の正しさに基づいて“論破”することに価値を見出している」との指摘には、「なるほど」と思わざるを得ませんでした。

そして菅さんは安倍さんほどではありませんが、やはり「パターナル」で「リスクは個人化」。

ただ菅さんは、ポピュリズム的政策を打ち出すことを得意としていて、人事権の掌握を重視していることが大きな特徴。

携帯電話料金の値下げ、デジタル庁の新設、また人事に関する発言など、総理・総裁就任直後からの言動は、なるほどそれを言い当てています。

その菅さんに比べると、石破さんはややリベラルでいわゆる“新自由主義”。

岸田さんは立場が明確でなく、巧に衝突を避けながら地位を獲得してきた人とのこと。

菅、石破、岸田3氏に飛びぬけて大きな違いは感じませんでしたが、菅さんが発言して話題になった「自助・共助・公助」や「消費税の増税」については、石破さんもかねてから「自助」を基本とし、「増税」を主張していたことを、本書で初めて知りました。

一方、野田さんは安倍さん菅さんとは正反対のポジションで、おそらく自民党では少数派。

河野さんは石破さんに近く、加藤さんは価値についてスタンスがはっきりせず、小渕さんと小泉さんは、まだまだこれからというのが、著者の見立てです。

それにしても、これだけ多様な考えを持った人が一緒にいるというのは野党ではあまり考えられず、これが自民党の強さでもあるのでしょう。

もっとも著者によれば、かつては“中道保守”であり、「リスクの社会化」を基調としていた自民党は、今や「リスクの個人化」「パターナル」路線となり、それは今後加速する可能性があるそうです。

野党としては、その方が違いを打ち出せて挑みやすいのでしょうが、菅さんの強みが発揮されたせいか、菅内閣発足直後の支持率は歴代3位。

安倍政治の継承を謳っていますが、これからの舵取りで、“菅カラー”が強まっていけば、やりにくい相手になるのかもしれません。

ただいずれにしても、対立を煽ったり、反対意見を無視したり、都合の悪い事実を隠したりする政治はまっぴらごめん。。

少数意見を汲み取り、社会的弱者にも目配せしながら丁寧に議論を重ね、合意形成に尽力してほしいものです。

『にほん的 それは、ジミでハデなこと』を読みました。

f:id:emuto:20200915210455j:plain

(ブックデザイン 松田行正)

2020年33冊目の読書レポートは『にほん的 それは、ジミでハデなこと』(著 松田行正/河出書房新社/初版2020年5月20日)。

先月読んだ『〈美しい本〉の文化史 装幀百十年の系譜』(著 臼田捷治)で、著者の名前を知り、それがきっかけで本書を手に取りました。

著者は、グラフィック・デザイナーであり、ブックデザイナー。その一方で著書を多数執筆し、「牛若丸」という出版社も主宰しています。

本書は、著者による日本文化論。漢字一文字の“キーワード”を視点として、日本文化の深層を探っていくものです。

そのキーワードは、「動」、「奥」、「触」、「律」、「影」、「余」、「結」、「周」、「張」、「縦」の10文字(本書は10章で構成)。

「動」では絵画における運動表現、「奥」では日本文化における“奥” の持つ意味、「触」では紙の手触りと利休の手触り、「律」では五七調のリズム・テンポ感、「影」では浮世絵の平面絵画と影の関係、「余」では日本文化に欠かせない“間”のこと、「結」では“結び”の哲学、「周」では周縁を重視する表現、「張」では近景と遠景による表現の強弱、そして「縦」では文字の組み方について考察。

西洋文化との対比も行いながら、著者ならではの見方で、日本文化の特徴を明らかにしていきます。

文化論などというと、堅苦しい印象もありますが、本書はそれとは無縁。

数多くの図版や写真とともに繰り出されるバラエティに富んだ話は、どれも興味深く、頭を刺激するものです。

その中で特に心に残ったのが、再三登場する西洋の“垂直思考”と日本の“水平思考”について。

縦と横の違いが、それぞれの文化や生活様式に色濃く反映しているというのは、まさに“目から鱗”。「なるほど」と頷いてしまいます。

また、松岡正剛さんの著者『日本文化の核心「ジャパン・スタイル」を読み解く』で知った日本文化における「ひらがな」の重要性が、本書でも登場。

「ひらがななくして日本文化はない」ということを、改めて思い知りました。

一方、私自身ようやくイメージがつかめたのが、日本文化の特色だとされる「間」や「余白」について。

日本絵画・浮世絵と西洋絵画を比較しながらの説明は、美術に疎い私でも理解しやすかったのですが、「クローズアップによりトリミングされた風景(点景)が、日本のミニュチュア志向につながっている」というのは、思いがけない指摘でした。

ところで、話の本筋とは違いますが、「結」の章を読んで謎が解けたのが、世界保健機構(WHO)のマークに描かれた蛇の意味。

事務局長の“コロナ会見”を見ていて、なぜ蛇なのか、ずっと気になっていたのですが、西洋では、蛇は再生のイメージがあり、多くの国で救急のマークとして使われているとのこと。

所変われば品変わるとはいえ、日本ではまず考えられません。

そして、本書のブックデザインはもちろん著者自身によるもの。

赤いカバーに浮かぶ白の水玉は目に鮮やか。表紙には本書に登場する信貴山縁起絵巻の「剣の護法童子」が配されているのですが、小口にまで描かれているのは意表をつくもので、感心するしかありませんでした。

f:id:emuto:20200915210758j:plain
f:id:emuto:20200915210844j:plain

表紙の「剣の護法童子」          小口の「剣の護法童子」

「NHK交響楽団 9月公演」

f:id:emuto:20200913205711j:plain

f:id:emuto:20200913205743j:plain

今日は「NHK交響楽団 9月公演」があり、会場のNHKホールに足を運びました.。

新型コロナウィルスのため、4月以降に予定されていたN響の定期公演はすべて中止に。

今日の公演はそれに代わるものですが、N響の生演奏を聴くのは2月6日にサントリーホールで行われた定期公演以来。

NHKホールに出向いたのは、昨年の12月以来ということで、本当に待ちに待ったコンサートでした。(ちなみに、改装された原宿駅にも今日初めて降り立ちました。)

指揮は山田和樹さん。プログラムは武満 徹の『弦楽のためのレクイエム』、モーツァルトの『交響曲 第29番』、そしてブラームスの『セレナード 第2番』の3曲。

休憩なしで1時間ちょっとの短い公演で、3曲とも決してメジャーとはいえませんが、山田さんの心のこもった指揮、美しい弦の響き、それに彩りを添える管の音色…。

久しぶりに、生演奏の素晴らしさを堪能できて、心が満たされました。

ところで今回ちょっと驚いたのは、オーケストラが入場するときに客席から拍手が送られたこと。

これまでの定期公演ではなかったことですが、様々な思いが頭をよぎり、私も拍手せずにいられませんでした。

そして演奏終了後、会場に鳴り響いた拍手も心に残るもの。
「NHKホールがあたたかいもので包まれた」と言っても過言ではありません。