えむと、メモランダム

読み散らした本と出来事あれこれ

『戦争調査会 幻の政府文書を読み解く』を読みました

戦争調査会 幻の政府文書を読み解く (講談社現代新書)

今年96冊目の読了は、『戦争調査会 幻の政府文書を読み解く』(井上寿一/講談社現代新書 初版2017年11月20日)です。書店で目にして手に取りました。

本書は、敗戦直後の幣原内閣で、開戦・敗戦の原因と実相を明らかにするために設置された国家プロジェクト『戦争調査会』の刊行資料(全15巻)を、政治外交史の専門家で学習院大学長でもある著者が読み解き、戦争を止められなかった原因を検証したものです。

全体は二部構成になっていて、第一部では調査会が設置されるまでの背景、調査会の議論、そして調査会の結末までを紹介。第二部では調査会の資料を参考にしながら、戦争の起源を考え、満州事変から日米開戦までを辿るなかで戦争回避のチャンスを検討し、そして戦争の実態を見ていきます。

『戦争調査会』の存在は以前読んだ本で知っていましたが、設置までの経緯や具体的な活動内容は本書で初めて知りました。40回以上の会議や政治家、軍人、官僚などへのインタビューなど意欲的な活動は目をひきます。GHQの意向で活動が中止に追込まれたのは、関係者にとってはさぞかし残念なことだったでしょう。

本書では刊行資料をもとに、様々な人たちの話が紹介されていて興味深かったのですが、調査会の委員だった渡辺銕蔵・元東京帝大教授の「世界経済のブロック経済化が戦争の直接的な原因ではない」「領土拡張ではなく経済的発展でよかったはず」という話や、戦争の協力者とも言われた徳富蘇峰が、近代日本の中国認識を批判しているのは、印象的でした。

また本書を読むと、戦争回避のチャンスが何回もありながら、そして戦争になれば極めて厳しい状況に陥るのがわかっていながら、国内政治の動き、国際情勢の変化、個人的な野心や面子、根拠のない希望的観測、国民の意識・感情などが複雑にからみあってしまい、戦争を回避できなかったことがよくわかります。そして戦争が始まってからも、戦争をどう終わらせるのかビジョンがなく、戦局が絶望的になっても誰も戦争終結を言い出せず、その結果多くの命が奪われることになってしまいます。よく言われることですが、得体の知れない“空気”にただ動かされているような感じがしてなりませんでした。

結局、開戦・敗戦の原因について『戦争調査会』としての明確な結論はないわけですが、それは「戦争のことを忘れるな」「戦争のことを考え続けろ」という後世へのメッセージなのかもしれません。

読後感(考えさせられた)

『校閲記者の目 あらゆるミスを見逃さないプロの技術』を読みました

校閲記者の目 あらゆるミスを見逃さないプロの技術

今年95冊目の読了は、『校閲記者の目 あらゆるミスを見逃さないプロの技術』(毎日新聞校閲グループ/毎日新聞出版 初版2017年9月5日)です。広告で本書のことを知り、買い求めました。

本書は、毎日新聞の校閲記者が普段どのように新聞記事の校閲を行っているのか、「誤字・異字同訓」、「数字・単位・記号」、「事実誤認・覚え違い」、「表現のニュアンス」、「固有名詞」、「文脈・文法」のテーマごと(章ごと)に、実際に校閲された原稿の写真を示しながら紹介したものです。

本書を読むと、校閲記者たちが何に気をつけて原稿を読んでいるのか、どのように原稿を修正するのか、仕事の様子を具体的に知ることができます。
レシピに書かれた鶏肉を切る大きさの単位が“センチ”ではなく“ミリ”でないかと気づいたり、生姜は熱を加えれば“ピリ辛”にならないのではと疑問に思ったり、漫画に描かれた「うまか棒」(これはアイスキャンディ)をリュックに詰める場面を見て、スナック菓子の「うまい棒」の間違いではないかと気づいたり、「オニヒトデ」のイラストの違和感を気にしたりと、とにかくプロの仕事はさすがだと感心させられることばかりでした。

校閲のうち「校」はルールを理解していればある程度はできるのかもしれませんが、「閲」は広い分野に渡る知識、見識と経験、そして何より鋭い問題意識がないとできない仕事に違いありません。

本書は校閲の仕事の紹介だけでなく、文章作法の本でもあります。「一人前」と「1人前」の使い分け、年数の数え方(4月1日生まれが何で早生まれになるのか本書で初めてわかりました)、「激を飛ばす」や「雨模様」の本来の意味、「思う」と「想う」の違いなどあげたら切りがありませんが、文章を書くうえで参考になるところが数多くありました。

間違いがなくて当たり前。しかもそれが毎日求められるというのは相当大変そうです。しかし、恨みつらみを言うこともなく、仕事への誇りと責任を持ちながら、そしてときに葛藤しながら校閲を進めていく姿は印象的です。
本書の最後に、校閲記者で歌人でもある沢村斉美さんが詠んだ、仕事に関係する短歌が紹介されています。その中で『声のなき涙ながれてゐる頬をあやしみてぐつとゲラへうつむく』という一首は、(恐らく東日本大震災の)痛ましい記事に接した後でも、感情に流されず自分の仕事を遂行しようとする校閲記者の姿が目に浮かんできて、強く心を打ちました。

本の内容とは関係ありませんが、このブログを校閲してもらったらどれほど修正されるのか、とても興味があります。

読後感(感心した)

『THEドラえもん展 TOKYO2017』に行って来ました

f:id:emuto:20171207214813j:plain

仕事帰りに、ずっと気になっていた『THEドラえもん展 TOKYO2017』に行ってきました。会場は六本木ヒルズにある森アーツセンターギャラリーです。平日の夕方ということで、混雑するほどではありませんでしたが、それでもカップルやグループ、外国人の方で賑わっていました。

本展は日本を代表するアーティストによって制作された、“ドラえもん”をテーマにしたアート作品を展示するものです。会場にはいると、絵画、映像、写真、立体造形など多彩な作品によって、見慣れたドラえもんの世界とは違う世界が目の前に現れて、とにかく驚きと感心の連続。“ドラえもん”=子ども向けというイメージがありますが、本展は大人が大いに楽しむことができて(もちろん子どもも楽しめます)心が躍りっぱなしでした。
本展の概要はネットでも知ることはできますが、作品の素晴らしさ、面白さ、迫力、細やかさは、やはり実物を見てこそ感じ取ることができます。

本展では、一部の作品を除き写真撮影OKで、私もたくさん撮ってきました。また、ドラえもんということで、グッズも豊富です。私は図録、マグカップ、クリアファイルを買ったのですが、代金を払っているときに、隣のレジから「全部で5万3千円です」というレジ係の声が聞こえてきて、さすがに驚いてしまいました。

期待に違わぬ内容で、満足して帰宅の途につきました。

f:id:emuto:20171207215016j:plain

『ぼくと弟とドラえもんとの夏休み』(村上 隆)

f:id:emuto:20171207215333j:plain

『あんなこといいな できたらいいな』(村上 隆)※一部です

f:id:emuto:20171207215625j:plain

『重力ちょうせつ機』(Mr)

f:id:emuto:20171207215847j:plain

『波上群仙図』(福田美蘭)

f:id:emuto:20171207220137j:plain

『しずかちゃんの洞窟』(鴻池朋子)※一部です

f:id:emuto:20171207220352j:plain

『星霜』(町田久美)

f:id:emuto:20171207220739j:plain

『ドラス』(森村泰昌&ザ・モーヤーズ)

f:id:emuto:20171207220943j:plain

『真夜中のネコ型ロボット』(奈良美智)

f:id:emuto:20171207221248j:plain

『To the Bright~のび太の魔界大冒険~』(篠原 愛)

f:id:emuto:20171207221649j:plain

『僕らはいつごろ大人になるんだろう』(坂本友由)

f:id:emuto:20171207221819j:plain

『山本空間に突入するドラえもんたち』(山本竜基)

f:id:emuto:20171207222007j:plain

『光と影』(中塚翠涛)

f:id:emuto:20171207222203j:plain

『ときどきりくつにあわないことするのが人間なのよ』(近藤智美)

f:id:emuto:20171207222453j:plain

『さいごのウエポン』(増田セバスチャン)

f:id:emuto:20171207222743j:plain

京都 東寺

f:id:emuto:20171205223530j:plain

今日は所用で京都へ。ちょっと時間があったので、東寺に行って五重塔を見て来ました。京都に住んだこともあるのですが、東寺を訪れたのは初めてです。

さすがに紅葉の見頃は過ぎていましたが、迫力ある塔と木々のコントラストに目が奪われました。陽が落ちるとライトアップされるそうで、さぞかし見事だろうと思います。

f:id:emuto:20171205223610j:plain

f:id:emuto:20171205223629j:plain

『食いつめものブルース 3億人の中国農民工』を読みました

3億人の中国農民工 食いつめものブルース

今年94冊目の読了は、『食いつめものブルース 3億人の中国農民工』(山田泰司/日経BP社 初版2017年11月13日)です。書店で目にして手に取りました。

本書は、ノンフィクションライターで上海に住む著者が、中国で出会った「農民工」と呼ばれる農村出身の出稼ぎ労働者とその家族のことを書いたルポルタージュです。
今、書店に並ぶ中国関係の本は、政治、経済、軍事、社会体制などについて大きな視点から論評したものが定番。“中国を底辺から支えている”とも言われている農民工を描いた本書は、それだけでも異色かもしれませんが、著者の境遇や農民工に対する心情がそうさせるのか、著者と農民工の人たちが、分け隔てなく家族のようにつきあっている様子は強く心に残りました。

爆買いする中国人観光客は日本ですっかりお馴染みになりましたが、「農民工」といっても知らない人が大半でしょう。もちろん私も本書で初めてその存在を知ったのですが、暮らしぶりにはびっくりします。取り壊されるため廃墟となった集合住宅の一室や、便器むき出しの部屋が住居。ユニクロのダウンコートが臨月の花嫁のウエディングドレス。突然の転職や引っ越し。決して楽な生活でないのに、貯めたお金を娘の会社へ出資したり、自家用車を購入したり。とにかく日本人の感覚からすると、考えられないことばかりです。

ただ一方で、自分たちで使うお金を切り詰めてでも、子供のために学費や結婚資金を貯める夫婦の姿や、親子・親戚同士の絆の強さ、そして何より、都市住民との間に圧倒的な格差がありながら絶望せず、不平・不満を口にせず、明日は“自分の番”だと信じて、希望を持って働き続ける姿は、社会体制や国に対する考え方が違うとはいえ、とても印象的でした。

著者は本書のエピローグで、「決して愚痴らず挫けなかった農民工たちが最近、愚痴をこぼすことが増えていることが気がかり。明日は“自分の番”という希望がゆらぎ、たくましさに翳りが見え、不平等に耐えてきた寛容の心も限界が見え始めた気がしてならない」と語っています。農民工と直に接し、農民工のことを気にかけている著者ならではの言葉ですが、発展の果実をもらえると信じていたのにそれが幻になってしまえば、愚痴が怒りに変わることがあるかもしれません。中国では人口の五人に一人、約2億8千百万人が農民工だそうですが、怒りが本物になったとき、その声は中国の社会に少なからぬ影響を与えそうです。

「外から見ているだけでは、その国の本当の姿はわからない」という当たり前のことを、本書を読んで改めて実感しました。

読後感(興味深かった)