えむと、メモランダム

読んだ本と出来事あれこれ

『夜行列車盛衰史』を読みました。

読書ノート2024年の4冊目は『夜行列車盛衰史』(著 松本典久/平凡社新書/初版2023年12月15日)

“鉄オタ”ではないのですが、「夜行列車」という文字が懐かしく、手に取りました。

本書は、鉄道ジャーナリストの著者が、明治22年(1889年)に誕生した日本の夜行列車の歴史を振り返った一冊。

鉄道に関する著者の豊富な知識をもとに、当時の時刻表や鉄道写真などもふんだんに示しながら、130年に渡る夜行列車の盛衰を詳しく紐解いています。

本書によれば、初めての夜行列車は、新橋・神戸間を約20時間で走行したそうです。現在では考えられないスピードですが、当時の人からすれば、想像を超えた乗り物だったかもしれません。

その後寝台車や特別急行も登場し、夜行列車の運行は拡大。そして敗戦の混乱を乗り越え、日本の経済発展に夜行列車も並走し、やがて最盛期を迎えます。70年代に起きた「ブルトレブーム」は社会現象にもなりました。

ところがそれ以降、「北斗星」や「トワイライトエクスプレス」などの豪華列車が話題になったものの、新幹線や地方空港の整備も進み、夜行列車は次第に衰退。

現在定期運行しているのは、東京と高松・出雲を結ぶ「サンライズ」だけということで、時代の流れとはいえ隔世の感があります。

著者は、夜行列車が消えいくことを惜しんでいるのですが、私にも、夜行列車には懐かしく、忘れがたい思い出があります。

大学入学前、新潟から夜行の「佐渡」に乗って、東京の下宿を探しに来たこと。

新入社員研修で、先輩社員と一緒にその「佐渡」に乗って上野駅から新潟の取引先に赴いたこと。

東北新幹線がまだ開通していない時分、上野駅の1階ホームから、青森には「ゆうづる」、秋田には「あけぼの」、盛岡には「北星」に乗って出張していたこと。

会社の飲み会のために新幹線に乗り遅れ、京都から「銀河」に乗って東京に帰ったこと。

関西に住んでいた頃、まだ小さかった子供たちを引き連れ、京都から「つるぎ」に乗って新潟まで帰省したこと。

長い人生のひとコマに過ぎませんが、そのときの情景が今でもはっきりと頭に浮かんできます。

新幹線が延伸し、夜行バスが日本全国を走る。もう夜行列車の活躍する場はないのかもしれませんが、消えてしまうと私の思い出までなくなりそう。たとえ一路線でもいいから、走り続けてほしいと願わずにいられません。

NHK交響楽団「第2006回定期公演」

昨日、NHK交響楽団「第2006回定期公演(2月Bプログラム)」を聴きに、サントリーホールに足を運びました。

指揮はパブロ・エラス・カサド。昨日は、母国スペインにちなんだプログラムでした。

前半の1曲目はラヴェルの『スペイン狂詩曲』。カサドさんがどんな指揮をするのか、楽しみにしていたのですが、N響の演奏はラヴェルの作品らしい色彩感に溢れ、聴きごたえ十分。期待どおりで、さすがカサドさんという感じで始まりました。

前半の2曲目は、アウグスティン・ハーデリヒのヴァイオリンでプロコフィエフの『ヴァイオリン協奏曲第2番』。

ハーデリヒさんのヴァイオリンは初めてでしたが、第一楽章の冒頭のソロで早くも音色の虜に。繊細で豊かな表現力とそれを支える抜群のテクニックが強く心に残りました。

ハーデリヒさんは、15歳で大やけどを負いながらも、強靭な精神力で困難を克服し、今に至っているそうです。ヴァイオリンの深い音色には、人知れぬ思いがこもっているのかもしれません。

アンコール曲は、タンゴの名曲でカルロス・ガルデルの『ポル・ウナ・カベーサ』(首の差で)。映画音楽に使われ、浅田真央さんのアイススケートの演技でも使われた有名な作品ですが、ハーデリヒさんの奏でる哀愁を帯びたメロディーは、まだ心に染みこんだままです。

プログラムの後半は、吉田珠代さんのソプラノで、ファリャのバレエ音楽『三角帽子』。

民族色が豊かな印象的な作品ですが、メンバーの「オレ!」の掛け声に始まり、カスタネットの響きや魅惑的なメロディーが鳴り渡り、ホールはスペインの空気が充満。

最後は、カサドさん操るN響の迫力に圧倒され、ボルテージが一気に跳ね上がりました。

終演後の拍手は熱く、長く続きましたが、民族的な音楽は、それにふさわしい人が演じると、一層魅力的になる気がします。

『万感のおもい』を読みました。

読書ノート2024年の3冊目は『万感のおもい』(著 万城目学/夏葉社/初版2022年5月10日/装丁 櫻井久)

夏葉社さんの本ということもあり、発売後さっそく購入したのですが、ずっと本棚に飾ったまま。万城目さんの直木賞受賞が、本を開くきっかけになりました。

本書は万城目さんのエッセイ集。新聞や雑誌などに掲載されたエッセイ42編が、「ついでのおもい」、「京都へのおもい」、「色へのおもい」、「あけくれへのおもい」、「大阪へのおもい」の五つのパートに分けて収録されています。

万城目さんといえば奇想天外な小説で知られ、“万城目ワールド”とも言われていますが、エッセイの名手でもあるとのこと。

確かに、本書に収録されている作品も、日々の生活での出来事や目に映る光景などをテーマに、万城目さんの思いが様々な色合いで軽妙洒脱に綴られ、小品ながら心がひかれていきます。

なかでも印象に残ったのは、亡くなった父親のことを「オレンジ色」に重ねて偲ぶ『第十色 二月』と、新型コロナに感染し亡くなった友人のことを綴った『Kの死』。万城目さんの切ない心情が、じんわりとしみ込んできて、胸が熱くなりました。

ところで、先だって朝日新聞に掲載された万城目さんの「直木賞受賞エッセー」によると、万城目さんはデビュー以来、有名文学賞に10回ノミネートされ、すべて落選したとのことです。

本人曰く、「文学賞と聞いただけで顔をしかめる偏屈おっさん」になったそうですが、賞を取るために作家になったわけでなくても、落選の連続では、さすがに平静ではいられなかったでしょう。その心中は察して余りあるものがあります。

ただ今回の受賞で、文学賞に対する一方的なわだかまりは解消されたそうで、これで「偏屈おじさん」は卒業。本当に喜ばしい限りです。

抑え込んでいたものが無くなった分、万城目さんの世界はさらに広がり、これからも私たちを楽しませてくれることでしょう。