えむと、メモランダム

読み散らした本と出来事あれこれ

『失われたドーナツの穴を求めて』を読みました

今年60冊目の読了は、『失われたドーナツの穴を求めて』(芝垣亮介・奥田太郎/さいはて社 初版2017年7月4日)です。荻窪の書店「Title」さんのイベント案内で本書のことを知り、面白そうなので手に取りました。同店で行われる刊行記念のトーク…

『あの会社はこうして潰れた』を読みました

今年59冊目の読了は、『あの会社はこうして潰れた』(藤森 徹/日経プレミアシリーズ 初版2017年4月10日)です。出版業界のことも書かれていたので手に取ってみました。 本書は、民間の信用調査会社「帝国データバンク」の情報部長を務めた著者が、…

『逆説の法則』を読みました

今年58冊目の読了は、『逆説の法則』(西成活裕/新潮選書 初版2017年5月25日)です。書店で目にして手に取りました。 著者は「渋滞学」で評判になった物理学者です。本書では、「大企業の経営不振」「格差社会の進行」「社会保証制度の崩壊不安」…

「小金井阿波おどり」を見物しました

7月22日、23日は小金井の夏の風物詩「小金井阿波おどり」。今年は久しぶりに見物しました。中央線沿線では何と言っても高円寺が有名ですが、小金井も今年で39回目で存在感はあります。 「連」それぞれに特色があって楽しいのですが、コンクールで入賞…

『新版 動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』を読みました

今年57冊目の読了は、『新版 動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』(福岡伸一/小学館新書 初版2017年6月5日)です。書店で目にして手に取りました。本書は、2009年に刊行された『動的平衡』を加筆して、新書化したものです。 本書は、脳のしく…

『久保田純米大吟醸』の口開けをしました

6月に買っておいた『久保田純米大吟醸』の口開けをしました。久保田は新潟の名酒ですが、これは新商品で6月と10月の限定発売だそうです。いつものように東小金井の佐藤商店で買い求めました。 淡麗辛口が売りのこれまでの久保田とは少し違って、このお酒…

『小倉昌男 祈りと経営 ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの』を読みました

今年56冊目の読了は、『小倉昌男 祈りと経営 ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの』(森 健/小学館 初版2016年1月30日)です。5月に読んだ『「考える人」は本を読む』(河野通和)で紹介されていて、ぜひ読んでみたいと思い手に取りました。本…

30年以上会っていなかった友人とばったり再会しました

先日、30年以上会っていなかった学生時代の友人と、思わぬところでばったり再会しました。 病院の待合室で何となく診察を待っているときに、その友人から声をかけられたのですが、長い間会っておらず、もう会うこともないだろうと思いこんでいたので、名前…

『限界国家 人口減少で日本が迫られる最終選択』を読みました

今年55冊目の読了は、『限界国家 人口減少で日本が迫られる最終選択』(毛受敏浩/朝日新書 初版2017年6月30日)です。 本書も、この前に読んだ『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』と同じく、日本の人口減少をテーマとしていますが、…

『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』を読みました

今年54冊目の読了は、『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』(河合雅司/講談社現代新書 初版2017年6月20日)です。話題になっているようなので手に取ってみました。 本書は、産経新聞の論説委員である著者が、人口減少・少子化高齢化が…

パソコンを買い換えました

6年ほど使い続けたノートパソコンの動作がいよいよ怪しくなってきたので、買い替えました。 初めてパソコンを買ったのが1996年。前年にWindows95が発表され、専門家やマニアだけでなく普通の人がコンピュータを使う時代がいよいよやってきた頃です。富…

『日本の暗黒事件』を読みました

今年53冊目の読了は、『日本の暗黒時代』(森 功/新潮新書 初版2017年6月20日)です。書店で目にして手に取りました。 本書は、週刊新潮の記者でもあった著者が関わった大きな事件について、取材秘話を明かしながら、そのあらましを振り返るもので…

『新版 20週俳句入門』を読みました

今年52冊目の読了は、『新版 20週俳句入門』(藤田湘子/角川学芸出版 初版平成22年4月25日)です。1988年に『20週俳句入門』が立風書房から刊行、2000年に改訂版として『新版 20週俳句入門』が学習研究社から発刊、そして本書に至って…

『人生の節目で読んでほしい短歌』を読みました

今年51冊目の読了は、『人生の節目で読んでほしい短歌』(永田和宏/NHK出版新書 初版2015年3月10日)です。この一カ月ほどで著者に関係した本を2冊読みましたが、本書は書店でたまたま目にして手に取りました。著者の選歌集を読んだのは岩波新…

『本質を見通す100の講義』を読みました

今年50冊目の読了は、『本質を見通す100の講義』(森博嗣/だいわ文庫 初版2016年9月15日)です。荻窪の本屋さん「Title」が配信している「毎日の本」で本書のことを知り、手に取りました。2015年に出版された単行本の文庫化です。 本…

『みんなの朝ドラ』を読みました

今年49冊目の読了は、『みんなの朝ドラ』(木俣冬/講談社現代新書 初版2017年5月20日)です。新聞の書評で知って、面白そうだったので手に取りました。 著者は、NHKの朝ドラ(正式名称は「連続テレビ小説」)のレビューを毎日書いているそうで…

『N響 水曜夜のクラシック』に行ってきました

NHKホールであった『N響 水曜夜のクラシック』を聴きに行きました。指揮はトン・コープマン、演目はすべてモーツァルトで、『歌劇「魔笛」序曲』、『フルートとハープのための協奏曲』、『交響曲第41番「ジュピター」』の3曲。『フルートとハープのた…

『悪文 伝わる文章の作法』を読みました

今年48冊目の読了は、『悪文 伝わる文章の作法』(岩淵悦太郎/角川ソフィア文庫 初版平成28年10月25日)です。前に読んだ『「超」実用的文章レトリック入門』(加藤明/朝日新聞出版)で参考文献として紹介されていて、タイトルが気になり手に取り…

『家族の歌 河野裕子の死を見つめて』を読みました

今年47冊目の読了は、『家族の歌 河野裕子の死を見つめて』(河野裕子・永田和弘・永田淳・永田紅・植田裕子/文春文庫 初版2014年8月10日)です。先日読んだ『歌に私は泣くだらう』(永田和宏/新潮文庫)の解説で本書が紹介されていて、気になっ…

荻窪の本屋さんTitleのトークイベントに行ってきました

荻窪の本屋さんTitleで行われた、河野通和さんと店主の辻山さんのトークイベントに行ってきました。 トークイベントは、辻山さんの問いかけに河野さんが答える形で進みました。休刊になってしまった「考える人」のこと、本に対する思い、そしてこれから…

高校のクラス会がありました

今日は高校のクラス会がありました。クラス会といっても、高校は新潟だったので、東京、神奈川、埼玉、千葉在住の数少ないクラスメートが東京同級会と称して集まります。そもそもは7年ほど前に、ある級友が声をかけたことから始まったのですが、以来ほぼ毎…

アップルワインを飲みました

5月に長男が北海道に行った折、「飲んで美味かったから」とニッカのアップルワインを送ってくれました。なかなか飲むときがなかったのですが、今日ようやく栓を開けました。初めて飲みましたが、想像以上に甘く濃厚な味わいで、ワインというイメージはあり…

『僕らの仕事は應援團。心をゆさぶられた8つの物語』を読みました

今年46冊目の読了は、『僕らの仕事は應援團。心をゆさぶられた8つの物語』(我武者羅應援團/大和書房 初版2012年8月20日)です。先日読んだ『「考える人」は本を読む』(河野通和/角川新書)で紹介されていた本です。5年前に発行されたものなの…

『歌に私は泣くだらう-妻・河野裕子 闘病の十年-』を読みました

今年45冊目の読了は、『歌に私は泣くだらう-妻・河野裕子 闘病の十年-』(永田和宏/新潮文庫 初版平成27年1月1日)です。先日読んだ『「超」実用的文章レトリック入門』(加藤明/朝日新書)で、本書が紹介されているのを見て、手に取りました。初…

ヤマボウシの花が開きはじめました

庭に植えているヤマボウシに花がつきはじめました。 このヤマボウシは今の家に移り住んだときに、植木屋さんに頼んで植えてもらったもので、思い出深い木です。それから15年が経ち、背丈くらいしかなかった木も、今では3メートルくらいの高さになっていま…

『「考える人」は本を読む』を読みました

今年44冊目の読了は、『「考える人」は本を読む』(河野通和/角川新書 初版2017年4月10日)です。6月5日に、荻窪の本屋さん「Title」で本書の刊行記念のトークイベントがあります。その前に読んでおこうと思い手に取りました。 今年8冊目…

ブログを公開

今日からブログを公開することにしました。ご興味あればお読みください。

『「下り坂」繁盛期』を読みました

今年43冊目の読了は、『「下り坂」繁盛記』(嵐山光三郎/ちくま文庫 初版2014年7月10日)です。本書の前に読んだ『「超」実用的文章レトリック入門』(朝日新書)の中で、「漸降法」というレトリックを解説する際に紹介されていた本で、面白そうな…

『「超」実用的文章レトリック入門』を読みました

今年42冊目の読了は、『「超」実用的文章レトリック入門』(加藤明/朝日新聞出版 初版2017年4月30日)です。興味があって、本書の前に読んだ『「言葉にできる」は武器になる。』(梅田悟史/日本経済新聞出版社)と、一緒に買いました。 本書は、…

小椋佳トリビュート・コンサート2017に行ってきました

『小椋佳トリビュート・コンサート2017』に行ってきました。主な出演者は、小椋佳のほか、出演順に、中村雅俊、堀内孝雄、五木ひろし、研ナオコ、梅沢富美男の豪華メンバー。小椋佳のファンであれば、誰が何を歌うのかすぐに思い浮かぶはずです。 会場の…